SSブログ

6.26 待望のスモモが生りだした。今年で2年目の収穫。 [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 2017年12月に桑の木(苗から2年間栽培:ちっともうまくない実ゆえ、ばっさり剪定して掘り起こし、畑の片隅に移植)の後に、スモモ苗を植え付け、栽培を開始した。
 生長著しく、1年経ったところで初剪定し、その後、毎年冬にかなり大きく剪定。しかし、花は咲けどなかなか実を付けず、5年が経過した昨年春、実が生らないようなら、邪魔になるから伐採してしまおうと考えていた。
 それをスモモが悟ったのか、5年目の昨年、ちゃんと実をつけてくれ、6月末から7月初めに100個ぐらい実が生った。けっこううまい。
 樹体の勢いはすさまじく、上へ横へと枝を延ばすから、1月に大きく剪定したが、春から再びどんどん枝を伸ばしている。そして、昨年と同程度に実も付けた。その実がだんだん大きくなり、昨年より気持ち大粒の感がする。

IMG_0361.JPG

 実は、薄緑色からだんだん薄黄色に変わっていき、薄黄色になったら完熟だ。これは昨年知った。2日前にはごく一部が薄黄色になり、1粒つまみ食い。
 そして、今日、幾つかがそのようになったから、20個ほどを初収穫。
 これから順次薄黄色になっていくだろう。今後の収穫が楽しみだ。

IMG_0364.JPG

 うまい具合に先行したビワが明日には食べ終わり、うまくつながった。これからは毎日スモモを食すことになる。果物大好き人間の小生としては、この上ない喜び。
 ところで、初生りした昨年は、2割程度が鳥に突かれた。今年も既に2~3個は突かれている。でも、鳥たちも何か食わねば生きていけない。これくらいなら許してあげよう。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、もう一つの別立てブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6.20 今年も梅雨時の花グラジオラスがたくさん咲きだした [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 近年は基本的に植えっ放しで栽培している梅雨時の花グラジオラス。以前は畝の総延長が40数メートルあったが、順次、栽培畝の本数を減らしたり、畝の長さを短くしたりして、今では延べ30mほどを切り花にするため栽培している。
 3分の1ぐらいの畝は歯抜けになっているが、ここ3年は500本ほど切り花が採れ、これで十分だ。当店のお客様に差し上げるのが大半だが、お客様がだんだん減ってきているから、これでも余り気味になる。
 当店連休明けの今日、30本強が初収穫できた。店に飾るほかに2束でき、誰か、らしいお客様が来たら差し上げたいのだが、今日は来なかった。明日に期待するしかない。
 こうして、これから1か月間ほど、隔日で切り花を収穫しに畑へ行くこととなる。
 なかなか見ごたえのあるグラジオラス。梅雨の陰気臭さを吹っ飛ばしてくれるグラジオラス。畑へ収穫に行くのが苦にならないグラジオラス、である。
 体がいうことをきくかぎり、グラジオラスの栽培を続けようと思っている。

(6月20日 レジ横に飾ったグラジオラスの切り花)
IMG_0357.JPG


※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、もう一つの別立てブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6.14 史上最大の収穫量となった我が庭の白梅の梅の実 [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 6月9日の日記で、今年の白梅の梅の実はまずまず豊作で、7割方収穫した時点で、今年は全部で35kgほどの収量になろうか、と見込まれたことを記事にした。
 その後、梅の実は真っ青だったものがどんどん色づき、落果するものも多くなった。そこで、今朝は小雨ながら上半身だけ合羽を羽織って、残りを収穫することに。
 それが、どうだ、鈴なりに生っている梅の実が非常に多い。あるわ、あるわ、である。5日前には真っ青だったから、葉っぱの色と紛れていて、そうたいした量はないと思っていた。5日前の収穫量は26.4kgで、これで7割方収穫したから、全部で35kgと予想したのだが、今日、残りの収穫は30.3kgと前回より多くなってしまい、しめて約57kgにもなった。
 2019年の49kgを8kgも上回る史上最大の収穫量である。かなりの老木ながら、よくぞここまで頑張ってくれるものだと感心する。幹の部分には青々した苔がびっしり張り付いており、そこだけを見るとヨボヨボの老木で、もう実は大して付けないのではないかと思えるのだが、さにあらん、である。
 収穫を終えた時点で、“今年はいっぱい実を付けてくれて、白梅君たち有り難う。来年もよろしく。”とお礼を言ったところである。
 さて、女房はというと、目論見が大きいほうに外れて、困惑しきり。梅干づくりに使うガラス瓶が足りない。そこで、あちこち当店のお客様へ電話しまくって、梅の実のもらい手を探す。10kgと、5kgをもらっていただけるお客様をゲット。もう一人3kgもらっていただけそうな方がいらっしゃるようで、これで何とかなったそうな。
 ところで、我が家の梅の実は、かなりでかい粒ぞろいのもの。1kgで1500円ぐらいとのこと。すると全部で57kgだから8万5千円ほどになる。梅の実って思わぬ高いものなのである。あらためて、白梅君たち有り難う。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、もう一つの別立てブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6.8 ネット注文しておいたサツマイモ苗がグッドタイミングで雨前の今日の午前中に届き、早速植え付け [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 最近、サツマイモ栽培は最新品種「紅はるか」1本にしている。その苗が200本必要になる。ここ3、4年は「紅はるか」の苗がJA売店に多く並ぶようになり、ネット注文を止めて2021年はJAで入手した。しかし、昨年はJAへ何度行っても売り切ればかりで、遅掛けにカーマホームセンターでやっとクズっぽいものが入手できただけだった。
 それに懲りて、今年は再びネット注文に切り替えた。梅雨入り前あたりに定植しようと、今週に届くように手配しておいたら、今日の午前中に届いた。今年は既に梅雨入りしており、畑の土は適度に湿っている上に、今日は午後3時から小雨となり、明日の朝までに50mmほどのけっこうな雨になりそう。
 グッドタイミングで苗が到着したのである。早速正午過ぎから植え付けに。
 どれだけか雑草が生えてきているので、ていねいに草叩きしながらの植え付け作業。始めたときは曇であっても空はけっこう明るかったが、だんだん雲が分厚くなり、終了した午後3時半にはポツリポツリと雨粒が落ち始めた。ぎりぎりセーフで植え付け完了。
 よしよし、ラッキー、である。
 ネット予約注文の場合、6月10日頃に届くよう配送日を指定するのだが、年によってはカンカン照りで水やりを強いられることがあり、枯れる苗もあって苦労させられるのだが、今年はそうしたことは全くなく、200本全部が確実に活着することであろう。
 そして豊作が期待される。か、どうかは、秋までの天気がサツマイモに好都合なものとなるか否か、ということになり、何とも言えないが。
 だだひたすらお天道さまに祈るのみ、である。
 今朝は、昨日の日記に書いたとおり、1時間ほど早朝に百姓をやってきた。そして、予定外の午後の百姓仕事3時間。幸い昨日で店のセールが終わり、今日からは店は閑古鳥が鳴くばかりで、女房に店を任せて、小生は野良仕事に勤しむことができた。
 この面でもグッドタイミングであった。


※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、もう一つの別立てブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅の実の収穫 [梅の木]

(このページは2023年までの記録で、2024年からは→白梅の管理と梅の収穫しだれ梅の栽培管理と梅の実の収穫で記す)

 梅の木は2013年頃までは4本あった。普通の梅の木は庭に大中小各1本で、畑の隅にしだれ梅が1本。そのうち庭の小木が枯れてしまい、今は3本である。
 以前、大きい梅の木には毎年実がかなり生って、亡きおふくろが梅干を漬けていた。過去の記録では最大20kgの実が生ったことがある。
 中の木はまだ小木でどれだけも生らないが、毎年それなりに実を付ける。ただし、2017年はなぜだか実を付けず。
 小の木は小さな実を少し付けるだけであったが、日当たりが悪いせいか、2013年頃に枯れてしまった。
 しだれ梅はけっこう大きくなったが、実をどれだけかは付けるが小さな実であり、2015年までは収穫はしなかった。2016年から実は小さいが若干大きくなり、少し収穫できるようになり、2017年は3kg強収穫でき、以後、小粒だが毎年収穫できるようになった。が、普通の梅が大粒で、十分に収穫でき、2023年からは小粒のしだれ梅の実は収穫しないことにした。
 2011年頃だったか、しだれ梅以外はプロの庭師さんが大きく剪定してくれ、それ以来、生りがガクンと悪くなった。その頃おふくろは高齢で梅干作りも大変になっていたから、ちょうどよかった。できれば、全然生らない方がいいと、そのときは思った。その翌年からはアマ庭師の従兄弟に庭全体の剪定をお願いし、梅の木もしっかり剪定してもらい、梅の実が生らないことを祈った。
 さて、その後の梅の実の生りようはというと、2013、4年は、大きい木を中心にどでかい梅の実が約5kgほども収穫できてしまった。これは女房が梅酒づくりに使った。
 こうなると、従兄弟に梅の木の剪定してもらう意味がなくなり、また2015年8月にはおふくろが他界し、その翌年から女房が梅干しづくりを始めるというから、梅の実がたくさん生ったほうがよく、自分で軽く剪定することにした。
 でも、梅の木には初夏にコゴメが大発生することが多く、通常は5、6月に補助的に行う夏剪定が、うちではメインとなっており、冬剪定はほとんどしなくてよい状態にある。
 →「梅の木の夏剪定とコゴメ・イラの消毒」
 →「しだれ梅の夏剪定・消毒ほか管理

 梅の実の収穫量は、近年、年変化が大きい。和歌山県の南高梅の場合、昔から暖冬の年は不作と言われている。その原因は、2つあるようだ。
 一つは、梅の花が咲く時期は例年2月頃で、暖冬だと1月下旬頃には多くの花が咲いてしまう。南高梅は自家受粉しないため、異なる品種の梅の木の花粉とで交配する。交配はミツバチによっておこなわれ、ミツバチが活動する気温は12℃以上くらい。梅の花が早く咲くと、まだ気温が低いのでミツバチがうまく活動できず、受粉が不十分となる。
 もう一つは、暖冬で早く開花すると、めしべが短くしか生長せず、受粉が困難になる傾向になるようである。
 うちも、こうしたことが原因しているのではなかろうか。
 うちの梅の木の収穫量変遷は次のとおり。
 普通の梅の木2本(大・中)の計  しだれ梅の木
  2013年  5kg
    14年  5kg
    15年 16kg
    16年  3kg強
    17年  9kg強      3kg
    18年 28kg       1kg
    19年 49kg       9kg
    20年  8kg       0kg
    21年 13kg       7kg
    22年 43kg       8kg
    23年 57kg       収穫せず
    24年  ?kg(不作)   ?kg(不作)

<2023年>
6.5今年もイラもコゴメも湧かなかった。収穫するとき助かる。
 落果がけっこう始まり、色づいてもきた。例年より10日ほど早く、7割方(実際には半分弱)を収穫。西のほうはまだ真っ青ゆえ、1週間後ぐらいに収穫予定。収量は26.4kg。
6.14残りを収穫。思いのほか多く収穫でき、収量は30.3kg。合計56.7kg。
 なお、しだれ梅も昨年並みに生っているが、そばかすのような変色したものが多く、白梅の梅の実で十分あるから、今年は収穫せず。

<2022年>
(6月9日)
 今年もイラもコゴメも湧かなかった。収穫するとき助かる。
 例年より1週間ほど早く、まだほとんど落果はしていないが、本日、収穫。よって、色づいたものは少ない。
 ここ2年、不作であったが、今年は3年前にさほど劣らぬ大豊作となった。けっこう大きめの粒ぞろいの実ばかりであった。
 なお、しだれ梅は昨年と同様な出来であった。
 今年も女房が大半を梅干づくりに使うが、多すぎるので、一部を2~3人の方に進呈。

<2021年>
(6月6日)
 今年はイラもコゴメも湧かなかった。収穫するとき助かる。
 例年より10日ほど早く、まだ落果はしていないが、本日、収穫。よって、色づいたものはほとんどなし。
 昨年は裏年であったから、今年は豊作になっていいが、開花後に冷え込んだのだろうか、和歌山の南高梅同様、受粉がうまくいかなかったのだろう、部分的に固まって実を付けているだけで、大中の2本で12.8kgと不作となった。なお、けっこう大きめの粒ぞろいの実ばかりであった。
 早く開花したしだれ梅は6.8kgと昨年並みであった。
 今年も女房が梅干づくりに使う。

<2020年>
(6月10日)
 今年はイラは湧かなかったが、6月1日にはコゴメがどれだけか湧いた。よって、同日大きく夏剪定し、風通しを良くした。これにより、コゴメは絶えてくれた。
 今日の午後から梅雨入りし、ずっと雨だから、本日、収穫。例年より1週間ほど早いが、程よく色づきだしたものがまずまずあり、よかろう。
 昨年は、どの木も大豊作であったがゆえに、今年は裏年となり、収穫量は激減した。大きな老木が8.5kgで昨年の2割弱。小さい木としだれ梅は全く実が取れなかった。
 今年も女房が梅干づくりに使う。

<2019年>
(6月16日)
 今年はまだコゴメが全く湧いておらず、助かる。イラも湧いていない。
 程よく色づき始め、落果するものもけっこう出てきた。かなりの豊作である。ぶどうの房みたいに鈴生りになってる枝もけっこうある。計量したら49kgもあった。去年28kgと豊作であったのだが、その倍近い大豊作となった。
 しだれ梅、こちらは小振りの実が多いが、9kgと、これまた大豊作となった。
 色づきの程度で4段階に分別し、籠に入れておいた。
 こんなに多いと自家消費不能で、あちこち差し上げねばならぬ。女房が手配。

<2018年>
(6月11日)
 今年は普通の梅の木は豊作で、しだれ梅は不作だ。
 大の木が少し色づきはじめ、中の木としだれ梅は大半が色付き、中の木は実がポタポタ落ち始めた。そこで、色付いているものだけ、今日6kg収穫。
 しだれ梅は小粒、大の木は中ぐらい、中の木は気持ち大粒で、大きさはけっこう揃っている。
 女房が言うには、梅酒には青梅が良く、色付いたものは梅干しに良いとのことで、落ちた柔らかいものは何ともならないそうだ。
(6月16日)
 残りも大半が色付き、しだれ梅の分も合わせて全部収穫し、11日と合計すると29kg(うちしだれ梅は1kgほどか)。しだれ梅は大幅に収穫減となったが、大中の2本はすごい豊作となった。史上最大か?
 あまりに多すぎるので、10kg弱を女房の妹に進呈。

<2017年>
(6月23日)
 少しずつ実が落ち始め、半分以上が色付いてきた。本日、全部収穫。大の梅の木:9.5kg、しだれ梅:3.3kgの収量であった。
 大の梅の木はまずまずの豊作であり、大きな実もあれば普通の大きさの実もある。しだれ梅は皆、小振りである。
 大きい実は梅干に、小さい実は梅酒に、女房がする。

<2016年>
(6月10日)
 落果している梅の実が数個ある。例年より10日ほど早いが、収穫することに。
 昨年生りすぎたから、今年は裏年になり、大きい木で3kg強しかなかった。昨年ほどではないが、かなりどでかい実が大半だ。中の木は全く生らず。
 しだれ梅は、例年小さな実がけっこう生るものの収穫したことはないが、今年は数は少ないものの例年より大きな実がなり、小ぶりではあるが10個ほど収穫できた。
 女房が梅干作りに使う。

<2015年>
(6月21日)
 過去2年、でかい梅の実が約5kgほど収穫できた。これは、女房が梅酒にした。
 そして、今年。昨日の段階でポタポタ実が落ちていた。もう収穫せねばならない。今年は97歳になったおふくろは収穫する気力もなく、誘いかけしても決してやるわけがない。
 そこで、早速小生一人で今日(6月21日)収穫したら、何と、でかい梅の実が約16kgほど収穫できた。
 剪定の効果は消えてしまったのか?
 女房が梅干づくりに初挑戦するというが、うまくできるか?
(6月24日追記)
 女房が6月23日から梅酒と梅干作りに着手!
(後日追記) 
 合格点が付けられる梅干が漬け上がった。翌年の6月中旬まで毎日少しずついただくことができた。

<2014年>
(6月23日)
 昨年はけっこう実を付け、おふくろが収穫した。たしか、5kgほどであったと思う。それを女房が初挑戦の梅酒にし、味は良かった。
 よって、今年も収穫した梅の実は梅酒にすることにしている。
 2、3日前に少し落果したものがあり、今日、それを拾い集めておいた。大きなものが10個ほどあった。また、あまり実を付けない、しだれ梅も数個落果しており、これは中程度の大きさだが、一緒にしておいた。
 昨年は、6月27日におふくろが収穫しており、今年も収穫してくれるだろうか。ボケ防止のためにも毎日何か仕事をした方がいいから、当分、待つことにしよう。
(6月24日追記)
 今日、4個落果していた。おふくろに、そろそろ収穫せよと行っておいたが、さてどうするか。
(6月28日追記)
 3日前、おふくろは、やる気でいたが、いざ収穫しようとして躊躇。脚立に乗るのは危なっかしいし、棒でうまく叩き落とせるかどうか迷ったのだろう。小生にやってくれと選手交代を告げた。
 よって、本日、小生が収穫。約5Kgあり、皆、スモモと同じぐらいあるどでかい梅ばかりであった。バッサバサと枝を剪定してあるから、こういうことになるのだろう。
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感