SSブログ
庭の手入れ ブログトップ

除草剤の噴霧記録 [庭の手入れ]

<2024年>
3.31除草剤噴霧(ラウンドアップ 約80倍散)
 須賀前排水路用地、隣地住宅境、ミョウガ群生箇所、アパート周り(一部出来ず)、自宅庭と自宅裏(一部出来ず)
5.5除草剤噴霧(ラウンドアップ 約80倍散):自宅庭と自宅裏
6.3除草剤噴霧:お墓の一部、アパート駐車場
        須賀前の排水路用地、一部の果樹周り、庭、屋敷回り
        グラジオラス畝間と畝の球根性雑草の一部、山芋畝の法面(1畝だけ)
6.17除草剤噴霧:須賀前畑の両サイド、自宅周り、自宅前畑南区画の東と南
  
<2023年>
3.20除草剤噴霧を須賀前排水路用地、隣地住宅境、アパート回り(西側を除く)で行う。いつも使うラウンドアップとは違う製品で、50倍散と濃いものとした。
 なお、通常行うところの須賀前のミョウガ群生箇所、グラジオラスの畝は昨年同様に今年も噴霧せず。
4.10須賀前のミョウガ群生箇所、グラジオラスの畝(法面だけ)に除草剤噴霧。
 今年初めてタラの木周り(一部ミカンの木の周りにも)除草剤噴霧。
 自宅庭、屋敷回り、排水路用地(須賀前、自宅前とも)、店斜め向かいの道路沿い 
 いつもは公園回りだけだが、今回は公園内の北側の雑草にも噴霧。
6.5(濃厚原液タイプ):須賀前の南隣接地境→半年効くというが、8月にはスギナなどが生えてきたものの、効き目はけっこうありそう。しかし、価格が高い。
(希釈タイプ):お墓と須賀前の畑の排水路用地
6.20アパート駐車場と北の排水路に、少し濃いめに除草剤噴霧。
6.26庭、母屋の裏、果樹周りのドクダミ、タラの木周り→よ~く効いた
8.6須賀前南側隣地畑境、自宅庭、南区画の南と東
10.22須賀前畑の南堺:濃厚除草剤噴霧(スギナ絶やし)
 
<2022年>
(3月28日)
 除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ50倍散と、濃いものとした。
 庭、屋敷周り、排水路用地、寺隣接地一帯、アパート周り、墓
 なお、通常行うところの須賀前のミョウガ群生箇所、グラジオラスの畝、アスパラガス畝は、今年はせず。
 出来なかったのは、店の南方の道路際、公園回り(除く西面の外側)
(6月27日)
 除草剤噴霧:アパート駐車場、店のはす向かい道路、自宅の東道路際
(7月11日)
 お墓、庭の一部、須賀前の宅地堺、排水路の両側
(8月15日)
 須賀前排水路両側、隣地境、自宅裏と東、八幡神社、公園外周、アパートとはす向かい道路


<2021年>
(3月29日)
 除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ75~50倍散と、濃いものとした。
 須賀前のミョウガ群生箇所、グラジオラスの畝、アスパラガス畝、東の土手
 アパート周り
 自宅前の畑の東側の道路とその続き(ヒャクニチソウの自生箇所も)、排水路
 庭の中、屋敷回り、南の工場の淵
 公園の西側、北側(一部)
 柑橘類(甘夏を除く)の周り
 出来なかったのは、店の南方の道路際、自宅前のグラジオラスの畝、公園の北側(大半)

(4月3日)
 やり残しの箇所を今日取り掛かるも、店の南方の道路際に取り掛かったところ、噴霧器が壊れてしまい、なんとかやり終えるも、漏れ出しが多く、公園の北側を少ししかできず。
 なお、グラジオラスは、もう芽が出かけており、実行不能。
(4月15日)
 須賀前の土手と排水路の向こう側、公園のやり残し
(6月14日)
 庭、屋敷周り、畑周り、南排水路用地、寺境空き地、公園外側、売地  
(6月26日)
 須賀前の畑境界、アパート周り、向かいの道路、しだれ畝の南側と内、寺境空き地を再度
(7月25日)
 アパート周り、店斜め向かいの道路際、庭、排水路公共用地
(7月26日)
 来月はお墓当番清掃に付き、今日、除草剤を草が生えているところ全部に噴霧
(8月30日)
 須賀前排水路公共用地をざっと草刈りした後、除草剤噴霧し、隣地境界などにも。
 自宅前お寺境の空地、庭の一部
(9月20日)
 アパート周り、店斜め向かいの道路際
(11月28日)
 須賀前隣地住宅堺・排水路、アパート周り・はす向かいの道路、
 自宅北側道路・母屋裏・アジサイ園淵

<2020年>
(4月6日)
 除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ50倍散と、濃いものとした。
 須賀前のミョウガ群生箇所、グラジオラスの畝、東の土手
 アパート回り、店の南方の道路際
 自宅前の畑の東側の道路とその続き(ヒャクニチソウの自生箇所も)
 庭の中、屋敷回り、南の工場の淵
(5月11日)
 ラウンドアップ25倍散でクマザサに噴霧し、50倍散にして公園外の東側、北側
 そして休耕田の土手20cmほど
 南区画休耕地、排水路淵
(6月15日)
 ラウンドアップ50倍散でグラジオラス畝間、須賀前土手、境界、アパート周り、向かいの道路、自宅前畑の東、排水路、屋敷周り、庭
(8月9日)
 ラウンドアップ50倍散で公園の淵周り、屋敷周り(一部)
 ラウンドアップ100倍散で庭、屋敷周り(残り)
(8月17日)
 ラウンドアップ75倍散でアパート周りと向かいの道路、須賀前の畑の隣地境と排水路
(9月23日)
 ラウンドアップ15倍散でクマザサに。100倍散にして、庭、屋敷周りに。
(10月25日)
 ラウンドアップ25倍散で再度クマザサに。そして畑周りのスギナなどに。

<2019年>
(4月1日)
 除草剤噴霧をあちこちで行う。今年はラウンドアップ50倍散と、濃いものとした。
 須賀前のミョウガ群生箇所、グラジオラスの畝、東の土手、北の土手と駐車スペース、両サイドの畦
 アパート回り、店の南方の道路際
 自宅前の畑の南の排水路用地、東側の道路とその続き(ヒャクニチソウの自生箇所も)
 庭の中、屋敷回り、南の工場の淵
 今日、できなかったのは、休耕田の南北の土手、コスモス畝、西隣畑の土手
(6月23日)
 4月1日にできなかった箇所はやらず仕舞い。
 今日もラウンドアップ50倍散と、濃いものとした。須賀前&自宅前の畑回り、自宅の屋敷周り、庭、公園(除草剤が効いてなかった箇所)、アパート周り&斜め向かいの道路際
(8月27日)
 ラウンドアップ50倍散で、公園(除草剤が効いてなかった箇所)、庭、お寺との境(借地中心)
(9月2日)
 ラウンドアップ75倍散で、須賀前の東西土手、隣家土手、両隣畑境
 アパート周り&斜め向かいの道路際、屋敷周り、自宅前の畑回り
(11月24日)
 庭で大きく広がりつつあるスギナに似た細長いものにラウンドアップ5倍散を噴霧。10倍散で冬草に噴霧。

<2018年>
(4月1日)
 除草剤噴霧をあちこちで行う。どこもかもラウンドアップ100倍散。昨年、須賀前のミョウガ群生箇所に除草剤を噴霧したら、非常に効果的であったので、今年も同様に行ない、併せてグラジオラスの畝にも同様に噴霧した。店の南方の道路際にも噴霧。
 記録漏れだが、寺の隣地際にヒャクニチソウがそろそろ芽吹くだろうから、そこの春草にも噴霧したはず。 
(4月2日)
 休耕田の南北の土手、コスモス畝、西隣畑の土手に除草剤噴霧。
 ところで、コスモスはまだ芽吹いていないだろうと思っていたが、既に芽吹きあり。これは枯れるが、後から芽吹くから、心配ない。
(5月17日)<50倍散>
 休耕田のコスモス畝にコスモスがまずまず芽吹いているが、大きくなる雑草も繁茂しだした。そこで、大きくなる雑草に狙いを定めてラウンドアップ50倍散を噴霧。多少はコスモスにもかかり、それは枯れるだろうがやむを得ない。残りは、西隣畑の土手と北の土手に噴霧。
(6月10日)<100倍散>
 公園の除草剤噴霧に先立ち、7時から庭、屋敷回り、畑回り、休耕田コスモス土手の道路際に除草剤ラウンドアップ100倍散を噴霧。正午から雨、4、5時間経過だから効いただろう。
(6月18日)<50倍散>
 アパート周り、店斜め前の道路・排水路、須賀前畑周り、休耕田北側土手
 庭・畑回りを軽く、南区画の寺側を再度、公園やり残し部分
 記録漏れだが、寺の隣地際にヒャクニチソウが雑草に負けそうになっており、雑草に狙いを定めて噴霧したはず。
(7月15日)<100倍散>
 公園の除草剤噴霧。残り液で裏の道路の両側とコスモス土手の雑草、休耕田入口の雑草に噴霧。(後日追記)やはり100倍散では完ぺきではない。
(8月20日)
 須賀前畑の東道路側・民家境、屋敷周り、公園の一部に噴霧。
(11月26日)<50倍散>
 例年行っていないが、冬草がけっこう生えてきているので、庭と屋敷回り、一部畑周りに噴霧。

<2017年>
(3月19日)
 午前中2時間ほど除草剤噴霧をあちこちで行う。
 先ず神社でラウンドアップ100倍散。次にアパート駐車場で同100倍散。自宅に戻って庭の周りと庭の中を同100倍散で大ざっぱに。
(4月2日)
 まだやってない須賀前の畑周りに75倍散を噴霧。
(4月3日)
 3月19日は時期が早すぎたのか、イマイチ効き目が悪く、特に自宅の庭の周りと庭の中は効き目が悪く、新たな雑草も生えてきたから、75倍散で再噴霧。
(4月24日)
 自宅前南区画の公共用地部分、東側空地に50倍散で噴霧。除草剤の残りで公園トイレ東側を噴霧。まだ残っていたので屋敷周りを噴霧。
(6月5日)
 アパート周り(2回目)・店前の道路と排水路土手を50倍散で噴霧。残りで、自宅前南区画の公共用地部分、公園西側(外)を噴霧。
 100倍散で庭(実質2回目)、屋敷周り(実質3回目)を噴霧。
(6月12日)
 休耕田土手(南側)と公園内コスモスに噴霧。
(6月19日)
 休耕田土手(北側)、公園内かけ忘れ箇所、須賀前畑土手(東側) 
(7月8日)
 アパート周り、須賀前畑両サイド・隣家境、畦 
(7月16日)
 公園のやり残し、休耕田土手(南)、庭、屋敷周り、自宅前畑周り
(8月13日)
 須賀前畑の東水路、隣地境、アパート周り、店前方の道路・水路 

<2016年>
(3月31日)
 午前中をかけて除草剤噴霧をあちこちで行う。
 先ず神社でラウンドアップ50倍散。次にアパート駐車場で同100倍散。自宅に戻って、屋敷周りを同75倍散。旧樹木畑とビニールハウス内外を同100倍散。庭の周りと庭の中を同100倍散。
 以上、徹底的に除草剤を噴霧。庭の中は多少草花にもかかったが雑草繁茂防止のため止むを得ない。
(4月9日)
  やり残しの公園の淵、須賀前畑両サイドの土手と南隣住宅との境、南屋敷貸地、自宅前の他の両サイドの土手。
 再度散布:旧樹木畑と樹木周り(特にスギナを重点に)、南排水路沿いと屋敷周り
(5月29日)
 公園の除草剤噴霧とあわせて実施。庭の周りと庭の中そして屋敷周りをラウンドアップ100倍散。
(6月6日)
 やり残してあった、自宅・須賀前の畑の敷地境界、アパート周り・店前の道路と排水路土手、自宅前の田の両側の土手と用水路両側、グラジオラス畝間に除草剤噴霧。
 そして、墓地へ行き、当家や親戚、無縁仏にも、今年初めてだが行っておいた。
(6月18日)
 あちこちにスギナが目立つ。ラウンドアップ25倍散で噴霧する。残り液は須賀前の土手・隣地境界などに噴霧。(6月23日:畑に噴霧し、効果があったが、既に新たなスギナが芽吹いている。イタチゴッコになろうか。)
(7月3日)
 1か月経ち、庭に草は生えだした。ラウンドアップ100倍散を噴霧。除草剤が残ったので、屋敷周り、公園側道路、北側道路に噴霧し、さらにミニビニールハウスの内側と北側にも噴霧。
(7月31日)
 ラウンドアップ50倍散を用意。須加前土手、隣地境、アパート駐車場、店斜め向かいの道路、排水路に噴霧。
 ラウンドアップ100倍散を用意。庭、屋敷周りに噴霧。
(8月29日)
 ラウンドアップ100倍散を用意。庭、屋敷周り、アパート駐車場、店斜め向かいの道路に噴霧。  

<2015年>
 昨年の反省記録にも書いておいたのだが、第1回は3月末なり4月当初に行うとよい。
 今年は何とかそうしようと思ったのだが、3月末は忙しくてできず、4月に入ったらずっと雨模様で何ともならない。それがまだしばらく続き、週間予報で晴れマークが出てくるのは、やっと12日(日)だ。その日は諸行事でできないだろうから、今年の除草剤散布はそれ以降となる。
 4月初日からずっと梅雨真っ盛りと同じ気象が延々と続くなんぞ経験がないことだ。参った参った、である。除草剤を撒く頃には、随分と草が伸びているだろうがやむを得ない。
(4月11日)
 久し振りに今日お昼前から晴れ、明日も1日晴れだ。よって、急きょ午後に除草剤を噴霧。
 ラウンドアップ100倍散を使用。
 庭木と畑の樹木周り、屋敷周り、公園の西淵。須賀前畑両サイドの土手と南隣住宅との境。アパート周辺。南屋敷貸地。
(4月18日)
 1週間経つがなかなか枯れる素振りを見せない。使い古しの残り物だから、効いたのかどうか不安になる。
(4月22日)
 やっと除草剤が効いてきたのが確認された。
 ところで、ネットで検索したら、ランドアップ・マックスロードを使ったのだが、1時間後に雨が降っても効果は95%とあった。これからは、天気を気にせず使うことにしよう。
(6月10日)
 公園・神社の除草剤噴霧と併せて、うちも除草剤を噴霧。
 休耕田のヨシは5月下旬に行ったが、薬剤がかからなかった青々した部分を本日再噴霧。(これについては、別記事)
 ラウンドアップ100倍散を作り、庭木・畑の木の周り(部分的)、屋敷周り、休耕田の公園側法面(やりかけで終る)に噴霧。
 須賀前の畑回り、アパート周辺、南屋敷貸地は後日。
(7月26日)
 神社の除草剤噴霧と併せて、うちも除草剤を噴霧。アパート周辺、南屋敷貸地を行う。

<2014年の記録>
(4月8日)<少々遅い>
ラウンドアップ200倍散 庭木、畑の木の周り
         100倍散 須賀前土手、屋敷周り、休耕田の公園側法面(部分的)、アパート周辺、南屋敷貸地
(6月8日)
ラウンドアップ100倍散 庭木、畑の木の周り、屋敷周り
          50倍散 公園の西方<根張りの雑草にばっちり効いた>
(6月17日)
ラウンドアップ 70倍散 休耕田の道路面、アパート周辺、南屋敷貸地、屋敷周り(若干)
(9月18日)
ラウンドアップ100倍散 南屋敷貸地、家の北側

<2013年の記録>
(5月6、8日)
 昨日、芽吹き前に効く除草剤の粉末を、畑の両サイドの水路周りと隣接住宅との境に濃厚に撒いてやった。これは畑の中にも使えるもので、2、3年前に買ったもの。
 加えて、今朝、最も一般的なラウンドアップの希釈液を同じ箇所に上乗せして噴霧。
 そして、ラウンドアップは、休耕田のコスモスの畝間と畝の法面にも噴霧。
 次に、公園の外周りに除草剤を噴霧。
 また、道路を挟んで北隣のうちの休耕田(コスモスの畝のある田)の法面上部にも噴霧。
 2日後、自宅の屋敷周りと休耕田の北面の土手、そして、店斜め前の町道とそれと交叉する排水路の土手。
(6月30日、7月2日)
 今年、第2回目の除草剤噴霧(散布)。前回は噴霧器を使って噴霧したが、今回は専用の散布器を使用。
 撒いた場所は、須賀前の畑の西サイドと、東は排水路の両サイドと道の土手。余ったものを店前方の道路の官民境の伸びた雑草に散布。
 2日後、休耕田の南北の土手、屋敷周り、樹木の周り、隣地境界、庭園の石畳に散布。
(9月10日) 
 ・須賀前の畑の西サイドと、東は排水路の道側。隣接住宅との境。
 ・アパート駐車場、北の排水路。店前方の道路の官民境と排水路北側。
 ・自宅屋敷周り。
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭の手入れ記録 [庭の手入れ]

 庭の手入れは、庭師さんに専門的なことを頼むほかは、従前は全部が亡きおふくろの仕事になっており、毎年丹念に草引きをし、小木の夏剪定もしてくれていた。
 でも、体が弱ってきた2013年あたりからは、全部はできなくなり、小生が除草剤を撒いて草引きを省力化してやった。
 それが、2015年になると、おふくろはあまり外へ出なくなり、4月5月に庭先の草引きをほんの少々しただけである。そのおふくろが8月8日に他界し、それ以降は小生1人で庭の手入れをせざるを得なくなった。

<2024年>
3.31除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ80倍散
5.5除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ80倍散

<2023年>
1.22アジサイ園のアジサイを剪定。前のほうを短くし、後ろのほうは剪定せず。
4.10除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ100倍散と通常の濃さ。
6.25大きな雑草を草刈機で草刈り。
6.26除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ70倍散と少し濃く。
7.10ボケの木2本、新枝をバッサバサと全部切り落とす。
7.31アジサイ園:終わった花を切り取り<蜂に刺される>
8.6除草剤噴霧をあちこちで行う。
11.20庭・甘夏・しだれ梅:鎌を使って草引き
 庭木2本(ボケ、ぶどう棚支柱の木):剪定
12.10母屋回り・アジサイ園:草引きし、南区画の畑へ搬出

<2022年>
(3月28日)
 除草剤噴霧をあちこちで行う。ラウンドアップ50倍散と、濃いものとした。
(5月25日)
 東庭のアジサイ園は前方中央に空きスペースがあり、そこをざっと草刈りし、鉢植のユリで花が終わった3株を定植しておいた。
(5月30日)
 ボケの木2本、新枝をバッサバサと全部切り落とす。
 アジサイ園の雑草をざっと除去。
(7月11日)
 お墓で余った除草剤を庭の一部に噴霧。
 アジサイ園:終わった花を切り取り、前面の草引き
(12月5日)
 西庭の草叩き、草引き。アジサイ園の前面の草叩き、枯草除去。
(12月11日)
 本日、剪定。東の垣根で道路側に伸びている枝を大きく除去。種が発芽して伸びているアジサイは全部除去。ユズの木とごっつんこしているアジサイも除去。

<2021年>
(3月29日)
 庭全体に、所々に生えている雑草は可能な個所には除草剤を噴霧。
(5月2日)
 東庭(アジサイ園)の前面が草ぼうぼうになっており、大ざっぱに草引き。
(5月10日)
 水仙の葉がお辞儀しだしたので、上部を切りながら、水仙周りの雑草をざっと草引き。
(6月14日)
 庭全体に、所々に生えている雑草は可能な個所には除草剤を噴霧。
(6月18日)
 早生アジサイの枯花除去、ボケ剪定、八重桜剪定 
(6月28日、7月11日)
 アジサイの枯れた花を除去第2回目、最終3回目。
(10月10日)
 アジサイ園の前方に雑草が繁茂し、手で草引き。
(10月11日)
 東にある垣根のアジサイや花木が道路側に大きくはみ出しているので、大きく枝落としを行う。そして、畑側も作業がやりやすいよう、大きく枝落とし。
 庭木を一部、大ざっぱに枝落とし。
(12月20日)
 枯れた花を除去。通路の落葉を掃き取る。
(12月26日)
 アジサイ園の若干の剪定、東垣根の若干の剪定

<2020年>
(4月6日)
 庭全体に、所々に生えている雑草は可能な個所には除草剤を噴霧。
(5月14日)
 東庭(アジサイ園)の前面が草ぼうぼうになっている。水仙の葉の上部を切りながら、雑草を鎌で刈り取り、草抑えに敷き込む。その隣の椿の木を若干剪定。
(6月15日)
 庭全体に、所々に生えている雑草は可能な個所には除草剤を噴霧。
(6月29日)
 大きな雑草を引く。ボケ(西庭、東庭)をしっかり剪定。東の椿を若干剪定。
 アジサイ園の枯れたり、枯れそうになった花を全部除去。(1回目)
(7月12日)
 アジサイ園の枯れたり、枯れそうになった花を全部除去。(2回目)
(7月19日)
 アジサイ園の枯れた花を全部除去(3回目:最終)。
 なお、手前のほうを低く、後方が高くなるよう、若干の剪定をした。
 周辺を草刈機(紐タイプ)で草刈り。
(8月9日)
 庭全体に除草剤噴霧
(9月23日)
 ラウンドアップ100倍散で庭全体に除草剤噴霧
(12月6日)
 アジサイ園を手前のほうを低く、後方が高くなるよう、けっこう剪定をした。
 東の垣根をけっこう剪定。柑橘類周りのアジサイを伐採、道路側はみだしを剪定、畑側はみだしを剪定。

<2019年>
(3月?日)
 昨年は1月2月に枯草を随分と集めたりしたが、今年はその必要はほとんどなかった。やったのは、南庭の椿の木(2本)の葉をきれいにむしり取ったのみ。
 なお、落ち葉は、コンクリート敷きに流れ飛んできたもののみ、何回かホウキでかき集め、ブドウの木の周りに積み置く。
(4月1日)
 所々に生えている雑草に除草剤を噴霧。
(5月16日)
 東庭、東垣根の草引き
(6月2日)
 東庭(アジサイ園)を丁寧に整備。西庭のボケの剪定、八重桜の引っ張り、サルスベリの持ち上げ、こうえ(別棟)への通路両側の樹木剪定、ナンテンの剪定。
 なお、剪定ごみはぶどうの木の周りに敷き込む。
(6月23日)
 庭のあちこち(アジサイ園を除く)に生えている雑草に除草剤を噴霧。
 アジサイ園の枯れたり、枯れそうになった花を全部除去。(1回目)
(7月9日)
 アジサイ園の枯れたり、枯れそうになった花を全部除去。(2回目)
(10月20日)
 アジサイ園の枯れたり、枯れそうになった花を全部除去。(3回目:最終)
 納屋の東側の良く伸びる樹木を2本伐採し、翌日に緑ゴミとして出す。なお、切り株には除草剤(ラウンドアップ)原液を塗り込んでおいた。これで枯れるだろう。
(11月17日)
 昨日ソテツの葉落とし、今日その隣の小木の枝落とし、モチノキの隣の小木伐採(切り口にラウンドアップ原液)、若干の草引き。枯れた白ゆりを株元から切り取る。
(11月24日)
 スギナに少々似た細長い庭草が勢力を伸ばしてきているので、ラウンドアップ5倍散を噴霧器で噴霧。同10倍散で大きな冬草に噴霧。
 タカサゴユリが2か所で数本固まって咲くから、これを掘り、ばらして植え直し。
(12月16日)
 従兄弟に庭木の剪定を11月にしてもらったが、2本ほどもう少し小振りに再剪定。そして、枯草を刈り取ったりして、野焼き場へ搬出。一部堆肥場にも入れる。落ち葉はぶどうの木の周りにばら撒く。
(12月29日)
 枝を落とした庭木2本、納屋東の庭木1本を伐採。その他枯木など処分。

<2018年>
(1月2日)
 11月中旬以降まったく手入れしていなかったから西庭の草花に枯葉が目立つ。
 そこで、枯草を集め、堆肥場なり果樹周りに入れ込む。11月の剪定時の枯れ枝などもけっこうあり、それも一緒に持ち出す。
 その最中に庭木の枝がけっこう伸びたままで剪定さていないものが幾つもあったから、それらを剪定し、細い枝以外は休耕田へ搬出。
 大きな冬草も併せて引いておいた。
(2月26日)
 東庭の枯草を大雑把に刈り取る。そして、アジサイをざっと剪定。
 南庭の椿の葉を葉をむしり取る(南東角)、上部を選る(北東角)。
(3月4日)
 南庭をぶどう園らしくすべく、ツツジ、松などの樹木を引き抜いたり伐採したりして、ぶどうと梅の木だけにした。
 西庭のツツジ、もみじの小木などを伐採。
(4月1日)
 あちこちに生えた雑草に除草剤を噴霧。
(5月28日)
 東庭の手入れを行う。水仙の葉を鎌で切り、雑草抑えにする。真っ白で大きなアジサイの花が隠れそうになっており、余分なアジサイを切ったり、シャクヤクを剪定したりする。ボケの木も脇枝を全部切る。これでだいぶアジサイ園らしくなってきた。
 垣根の手入れを行う。ユズ、金柑の下草となっているミョウガや晩生アジサイをバッサバサと切り、風通しを良くしておいた。
(6月10日)
 公園の除草剤噴霧のあと、庭、屋敷周りなどに除草剤噴霧。
(6月24日)
 東庭のアジサイ園。枯れたり、枯れそうになった花を全部除去。
(7月27日)
 東庭のアジサイ園。枯れたり、枯れそうになった花を全部除去。
(8月13日)
 ぶどう園を中心にザッと庭の草刈り(紐タイプの草刈り機を使用)
(9月2日)
 垣根のアジサイを剪定、広がりすぎたアジサイの伐採。
(9月5日)
 台風で折れたサルスベリの大枝を枝払いして休耕田へ搬出。
(10月1日)
 東庭のアジサイ園のニラを除去。紫花の球根を直植え。
(10月8日)
 南庭(ぶどう園)を大雑把に草刈り機で草刈り。
(11月上旬)
 従兄弟に4日間、庭師をやってもらう。大きな木2本(西庭の1本(名称不詳)、裏庭の1本(椿))を切ってもらう。
(12月9日)
 草花の枯れたもの、葉っぱで枯れたものを除去。
(12月24日)
 別棟の入り口左側にある名称不詳の木の枝を全部払う。後日、根元から伐採。
 納屋東側の樹木の枝払いを行い、うち1本は上記と同様に措置する。

<2017年>
(2月20日)
 枯葉の掃除はコンクリート敷きに飛んできているものを今冬2度ほどやったが、西庭の中の枯葉の掃除をざっとやっておいた。
(4月1日)
 3月19日に除草剤を軽く噴霧しておいたのだが、時期が早すぎたか、あまり効いていない。本日、再噴霧。
(4月24日)
 たいして草は生えていないが、ついでがあったので、除草剤を噴霧。
(5月1日)
 梅の木周りの小木3本を伐採し、風通しを良くしておいた。
(6月5日)
 除草剤を噴霧
(7月3日)
 南庭は果樹園にすべく、本日、梅の木の際まで、ぶどう棚作りをすることにした。そのため邪魔な数本のツツジを掘り出す。
(7月16日)
 除草剤を噴霧
(8月13日)
 目立つ草を草引き。花木を軽く選定。
(9月3日)
 南庭と畑の境に河原石が並べてあるが、甘夏の木があって通りにくい。よって、河原石を20cm庭側にずらすこととした。これで通りやすくなった。
 そうしたところ、ちょうどその位置にスイセンが植わっており、球根を全部掘り出すしかなかった。その球根は東庭の最前列と南庭のブロック積みの淵に移植することとした。
(11月中旬)
 従兄弟に庭師を4日間やってもらう。母屋裏の椿は来年に伐採予定。
 サルスベリの落ち葉が通路に溜まっており、掃き集めて甘夏の樹木周りへ撒く。
(12月9日)
 冬草で大きなものがあり、それをテンワで叩く。
 
<2016年>
(3月31日)
 暖かくなり、草が生えだす。そこで、早めに除草剤を噴霧器で噴霧。草花には除草剤がかからないように噴霧したが、どれだけかはかかったかもしれない。
(4月18日)
 南東の角にある花木は夏に花が落ちすぎ、掃除が大変だから、思い切って伐採した。
 また、その近くにある小木の花木は梅の木の邪魔になり、これも伐採。
 そして、庭の東淵(納屋側)に置いてある不要なものを捨て、ブロックを積み直してすっきりさせた。
(5月29日)
 ほぼ2か月前に除草剤を噴霧器で噴霧したのだが、ここにきてけっこう雑草が生えだした。少々遅いかもししれないが、本日、今年2回目の除草剤噴霧。草花には除草剤がかからないように噴霧したが、どれだけかはかかったかもしれない。
(6月22日)
主庭:枝が伸びすぎた樹木の枝落としを適当に行い、地下茎で広がり過ぎた草木を引き抜く。除草剤の効果で雑草はほとんど生えていない。
 倉庫東面:椿など、駐車の邪魔にならないよう大ざっぱに剪定。枯葉・枯花を落とす。縁石に吹き溜まっていた枯葉・枯花を樹木の株周りに放り、堆肥化させることに。(26日に再度剪定し、最終仕上げ)
(7月3日)
 1か月経って、また草が生えだした。除草剤を噴霧器で噴霧。
(7月31日)
 1か月近く経って、所々に草が生えだした。除草剤を噴霧器で噴霧。
(8月29日)
 1か月近く経って、所々に草が生えだした。除草剤を噴霧器で噴霧。
(12月5日)
 11月末頃から従兄弟が庭師をやってくれた。例年どおりの剪定だが、南庭の樹木(1本)はぶどう棚の支柱にするから、天辺だけ小枝を残して他は全部枝除去してもらった。
 今日、サルスベリにつっかい棒をした。従前のものは1本だけで、それも十分に利いていない。その棒を外し、もう1本棒を用意し、2本とも当て板をうち付けてから、ステンレス針金で縛り付ける。これで、ある程度の強風にも耐えられるだろう。
 
<2015年>
(5月25日)
 おふくろはあまり外へ出なくなり、4月5月に庭先の草引きを少々しただけである。よって、今年は除草剤噴霧を丁寧に行った。樹木の葉に薬剤がかからなければ影響がないから、安心して使える。
 今、5月下旬、一年で一番過ごしやすい時期であるのもかかわらず、おふくろは滅多に屋外に出ようとしない。先日、「外の空気はうまいぞ。」と話しかけ、やっと1時間ほど軒先の椅子に腰掛けていたが、自分から進んで外へ出ることは、もう期待薄であろう。
 こうなると、庭の手入れは、今後、全部小生がせねばならない。どの程度の手間がかかるか、よくわからないが、最小限に止めるにしても、けっこうありそうだ。
 今朝は、まず手始めに、いただいた鉢植のアジサイを東側の庭に定植することにした。
 「穴を掘って埋めればお終い。実に簡単なこと」と、当初は思っていたが、色々なものが植わっており、また、雑草なのか草花なのか判断に迷うものもある。加えて、ドクダミが繁茂しており、これを退治せねばならない。
 たった1本のアジサイを猫の額ほどのところに植え付けるのに悪戦苦闘。この先が思いやられます。
(5月28日)
 少々時間があったので、庭の手入れをしようとしたのだが、おふくろが今冬に引いた草が庭先に放置したままであったから、まずこれの片付けにかかった。ところが、泥が全体に流れてきていて、この泥の除去に手間取った。ついでに玄関周りも砂埃が溜まっていたりし、その掃除も。
 こうした片付け仕事はまだ残っている。大変だ、こりゃ。
(6月10日)
 屋敷周りの除草剤噴霧のついでに、庭の樹木回りにも軽く除草剤を噴霧。
(6月14日)
 枯れたサツキの除去、こうえ(別棟)への通路へのはみ出し庭木を剪定。
 母屋軒先の泥を除去し、木陰になる部分を平にし、夏越しの鉢植を並べる。
(8月4日)
 8月2日に自宅東庭、玄関前庭の草引き、3日に玄関前庭の草引き、別棟への通路の泥上げを、空き時間に少々行い始める。4日は庭木の剪定。蜂の巣があり、蜂に刺される。
 連日、少しずつ始めたのは、おふくろが寝込んで、見舞い客があるであろうから。(そのおふくろも8日に逝去)
(9月10日)
 やっと、手が空きだしたので、玄関前(西)の草引きを開始する。(しかし、その後、中断)
(9月24日)
 東庭の草引きを1時間ほど。花がいっぱい咲いている。何とニラだ。全部処分。思いのほかアジサイが多い。余分な樹木を伐採したほうが良さそうだ。
(10月7日)
 主庭の草引きを今朝始めたが、あまりに“雑木”が多い。そこで、伐採に取り掛かる。数本を除去し、もう2、3本切り倒したほうがよさそうだが、今日は1時間やって時間切れ。
(11月のある日)
 従兄弟が庭師に来てくれたとき、枯草など目だつものを少々除去。
(翌2月7日)
 不用な樹木を4本除去。主庭の枯草をかき集め、休耕田へ搬出。2時間の作業で、けっこうきれいになった。
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
庭の手入れ ブログトップ