SSブログ
手抜き栽培:夏大根 ブログトップ

夏大根の手抜き栽培 [手抜き栽培:夏大根]

 大根は年中あってよい。夏場は大根おろしが必要となるからである。よって、2014年から試行錯誤しながら、2~4回の時差蒔き栽培を始めた。
 うちでの栽培に適した種を探したいのだが、1つ見つけたものの翌年以降売っておらず、行き当たりばったりで種を買っているが、「ミニ大根 四季姫」あるいは「四季の味」が良さそう。
 なお、2018年からは、自然農法を取り入れ、無肥料・無農薬とした。
 参考としたのは次の農法である。
 ①「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培」との出会い
 ②三浦伸章「ガッテン農法」を知る
 当初の2~3年、あれこれ土壌改良を試みて、これを5年間続けたのだが、有機肥料栽培時と大差なかったが、虫食いも激しく、小振りのものが多い。
 楽ができた点は、畑起こしをしなくて済むことと、輪作計画を立てなくていいこと。ただし、畑起こしもどき(スコップを差し込み、前方に軽く押し、隙間を作り、空気を入れる。後退しながら、約10cmピッチで行う。)は植え付け前に行うこととした。なお、「畑起こしもどき」とは小生が勝手に命名したもので、別立てブログ「三浦伸章「ガッテン農法」を知る」で紹介しているが、スコップを差して空気を入れるもので、ビッチュウによる畑起こしを軽作業化したものである。
 2023年からは、風通しがいい須賀前の畑で栽培することとし、無肥料栽培もあきらめ、微肥料栽培することとした。
 参考:無肥料栽培の記録→「夏大根の無肥料連作時差栽培

<2024年>
 昨年から連作をあきらめ、今年の夏大根は昨年のニンジン跡とした。
 昨年から無肥料栽培を止め、畝づくり時と植え付け時に若干の施肥をすることに。
 また、意識的な時差栽培は止めにし、欠損株に苗補充しての時差栽培とする。
2.24畝は夏キャベツ&夏大根で1畝とし、前作の夏ニンジン畝は8.29、9.24、11.19に草叩きや草刈りをし、秋冬ニンジン収穫後(2024.2.3)全体をマンノウで草叩きしてある。
 肥料(苦土石灰・牛糞堆肥・鶏糞)を適当にばら撒き、スコップで畑起こしもどき。
3.4テンワで畝整形
3.14今年の3月は冷え込みがきつく、やっと今日、種蒔き。種は昨年と同様に松尾農園へネット注文した「四季の味」
 畝の大半は夏キャベツで、南のほう2m強を夏大根用とした。
 かまぼこ型の畝をマンノウで台形にし、種蒔き位置(2列)を鍬に足を乗せて転圧。種を2~3cm間隔に置いていき、軽く土をかけ、再度鍬で転圧。
 なお、お彼岸頃にまた強い冷え込みがありそうで、今日同時に定植した夏キャベツ苗の防寒のためビニールトンネルを夏大根の種蒔き個所も含めて張り、当面は東面を空かしておくことにした。冷え込み前日にすっぽり覆う予定。
3.16夏キャベツのついでに水やり
3.19水やり、ビニールトンネル半開け
3.22ビニールトンネルを外し、鳥避けネットトンネル掛け
 もうきれいに発芽していた。
4.22だいぶ大きくなり、草引きしながら第1回間引き
5.4鳥避けネットトンネルを片付け、第2回(最終)間引きを行い、10本を生育さす。
 株周りを手で草引きし、マンノウで法面削り上げ。
5.25花芽がぐんぐん伸び、今までの2回切除、今日3回目の切除。
 まずまずの大きさになり、2本初収穫。葉食も可能。

<2023年>
 今年から連作もあきらめ、今年の夏大根の作付けは、昨年の白ナス&オクラ東畝跡とし、夏キャベツと同じ畝とした。なお、時差栽培は止めにした。
 無肥料栽培も止め、畝づくり時と植え付け時に若干の施肥をすることに。
2.27前作の白ナス&オクラ東畝は晩秋に草叩きし、枯れ草を法面にのけてある。
 ほとんど冬草は生えていないから、目立った草のみ手で引く。
 苦土石灰を振り、畑起こしもどき。最後に牛糞堆肥を少々ばら撒いておいた。
3.5約3mの畝整備。テンワで畑起こしもどきの凸凹を均しつつ、法尻を削る上げ。
3.8本日種蒔き。種は松尾農園へネット注文した「四季の味」
 かまぼこ型の畝を手で台形に均し、両淵に峰を作る。
 中央に手で溝を掘り、約2cm間隔で種を並べ、土戻しし、手で転圧。
 少々余った種は葉食用にするため、峰の少し横に同様に種蒔き。
 土が乾いているので、ジョウロでたっぷり水やり。
4.10だいぶ大きくなったが、選るのは葉食できる大きさになるまでもう少し待つ。
 テボで株元の細かな雑草を削る。法面もテボで草叩き。虫食いは全くなし。
5.1本日、最初で最後の選り。1週間ほど遅すぎ、ごちゃごちゃになり選りにくい。
 ほとんど虫食いはなく、選ったものは葉食する。けっこう大きな根になっている。
6.5花芽がグーンと伸びる状態が10日ほど前から始まり、気が付き次第もいでいる。
 今年から須賀前の畑での栽培としたが、自宅前の畑より生育がいい。
 今日、2株初収穫。十分な大きさだ。少々ひび割れあり。
6.25ひび割れするものが多い。花もジャンジャン咲く。花は今までに3度ほど切り取る。
 畝の雑草がはげしく繁茂しており、草刈機でざっと草刈り。
7.2昨日最終収穫。大きくひび割れが入ったものが過半。
7.3畝全体をマンノウで草叩き。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
手抜き栽培:夏大根 ブログトップ