So-net無料ブログ作成
24節気毎の野菜収穫見込み ブログトップ
- | 次の20件

24節気毎の野菜収穫見込み:立春から雨水まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:立春から雨水まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

(2019年)
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなりましたが、まだ残っております。そのなかでも春菊はコンパニオンプランツ(キャベツやハクサイの虫除け)として幾畝にも作付けしま下から、とても食べ切れるものではありません。
 今、畑にあるのは、キャベツ、ブロッコリー、ホウレンソウ(残りわずか)、小松菜、大根2種類、カブ、ハクサイ(玉が巻いてない)、ニンジン、ネギで、これらをボツボツ収獲しています。
 当地特産の「徳田ねぎ」は大量作付けしていますが、秋の天候不順で極端に生育が悪く、収穫量は上がりませんが、自家消費分は十分にまかなえます。
 果物についても紹介しておきましょう。
 昨夏の猛暑がために甘みが増した柑橘類です。裏表を繰り返す柑橘類で、どの品種も今期が表年に当たり、みかん、オレンジがかかったみかん、甘夏とも大豊作です。みかん2種の収穫をやっと終え、これから甘夏の収穫に入ります。
 立春から旬となるすぐれもの、それは、甘夏です。
 うちの庭に1本ある甘夏の木に実がたわわと生り、数えてみたら、ざっとで150個。とても食べきれません。甘夏は、肝臓が欲しがる酸味がたっぷりとれます。加えて甘みがあります。さらに好都合なことに、中袋を噛むとかすかな苦味があります。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>と、実に理想的な味の配合になっていて、これでもって体全体の臓器のバランスを整えることができようというものです。
 昨日甘夏を30個ほど収穫し、試食してみたら、かなり酸っぱかったです。もう少し日にちが経つと甘味が増すでしょう。オレンジがかかったみかんを食べ終わったら、甘夏を食べようと思っています。

(2018年)
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなり、昨秋以降の天候不順と早い冷え込みにより、全般に生育が悪いものが多いのですが、まだまだ残っております。そのなかでも春菊とキャベツは豊作です。ホウレンソウ、小松菜、大根(小さなもの)、カブ、ハクサイ(玉が巻いてない)、これらをボツボツ収獲しています。
 当地特産の「徳田ねぎ」は大量作付けしていますが、やはり生育は悪く、収穫量は上がりませんが、お客様に差し上げる分も含めて3月までは何とかなりそうです。
 なお、ブロッコリーも少し栽培していますが、寒さで花芽の成長がどれほどもなく、もう少し暖かくなればどんどん収穫できましょう。
 果物についても紹介しておきましょう。
 立春から旬となるすぐれものがあります。それは、甘夏です。
 うちの庭に1本ある甘夏の木に実がたわわと生り、黄色く色づいています。去年は大豊作でしたが、今年はそこまでいかないまでも、豊作なのは間違いないです。
 甘夏は、肝臓が欲しがる酸味がたっぷりとれます。加えて甘みがあります。さらに好都合なことに、中袋を噛むとかすかな苦味があります。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>と、実に理想的な味の配合になっていて、これでもって体全体の臓器のバランスを整えることができようというものです。
 もう少し日にちが経つと甘味が増すでしょうが、畑のみかん(今年は裏作で収穫量わずか)が既に終わっていますから、ぼつぼつ甘夏を食べようと思っています。
 が、しかし、注文しておいた「わけありリンゴ」が届きましたので、しばらくはこれを食べ続けることにします。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:大寒から節分まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:大寒から節分まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

(2019年)
 畑では各種の冬野菜がまだ半分程度は残っており、皆いきいき元気しています。毎日幾種類も食卓にのぼります。また、畑の際に1本あるユズも何かと使わせていただいています。
 なお、ゴボウは栽培しておりませんが、ゴボウの特徴的な成分「フラクトオリゴ糖」をゴボウの3倍も含むヤーコン芋(苦味食品かどうかは不明)を毎日のように料理に入れています。ヤーコン芋は、そのフラクトオリゴ糖の働きで整腸効果抜群です。これで免疫力もアップ。
 果樹はみかんを2種類栽培していますが、今期は表年で大豊作です。毎日食べるも自家消費しきれず、当店のお客様に差し上げています。
 貯蔵品としては、ヤーコン芋の他に、里芋、山芋、そしてサツマイモがあります。また、サツマイモ(安納芋)の切干を女房が作っており、これは甘くて実においしいです。今季から夕食後にストーブであぶっていただくことにしましょう。甘味のとりすぎ!

(2018年)
 畑では各種の冬野菜がまだ半分程度は残っており、皆いきいき元気しています。毎日幾種類も食卓にのぼります。また、畑の際に1本あるユズも何かと使わせていただいています。
 とはいうものの、大根は時折お客様に進呈し、まだまだたくさんあるものの随分と小振りなものばかりとなってしまいました。カブも同様です。でも、真冬でありながらも、ほんの少しずつ大きくなってきましたから、今後が楽しみです。
 白菜は成育遅れで玉が巻かず、白菜ならぬ“緑菜”状態ですが、気持ち巻きかけたものがあり、これも今後が楽しみです。
 一方、小松菜のほうは小さなままで一向に大きくなりません。同じ葉菜のホウレンソウや菊菜は少しずつ大きくなっているのに…。
 ブロッコリーの脇芽と1個残っているカリフラワーは当分先にしか収獲できません。
 なお、ゴボウは栽培しておりませんが、ゴボウの特徴的な成分「フラクトオリゴ糖」をゴボウの3倍も含むヤーコン芋(苦味食品かどうかは不明)を毎日のように料理に入れています。ヤーコン芋は、そのフラクトオリゴ糖の働きで整腸効果抜群です。これで免疫力もアップ。
 果樹はみかんを2種類栽培していますが、今期は裏年で残念ながら収獲は終わりました。果物大好きの小生ですから、リンゴを買ってきて食べるしかありません。
 貯蔵品としては、ヤーコン芋の他に、里芋、山芋、そしてサツマイモ(紅あずま:焼芋用)があります。また、サツマイモ(安納芋)の切干を女房が作っており、これは甘くて実においしいです。今季から夕食後にストーブであぶって毎日食べてます。甘味のとりすぎ!

 参考までにヤーコン葉は糖尿病改善にとてもいいです。ヤーコンについては、当店[三宅薬品]のホームページ:ヤーコンの魅力を参照ください。1月末にはまた1畝掘って、大半をお客様に進呈することにしています。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:小寒から大寒まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:小寒から大寒まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

 うちの自家栽培野菜などの状況をご紹介させていただきます。
 今季の冬野菜は、晩秋から年末近くまでの高温傾向で、一般に育ちが良すぎるものが多かったようです。しかし、うちは昨年の夏野菜から無肥料自然栽培を始めた畝が多く、肥料不足で生育が悪い作物もどれだけかありましたが、思いのほか好成績を収めたものが多いです。
 成育が悪かったのは普通の大根。近隣の方の畑では大きくなり過ぎて困ってみえますが、うちは大半が例年よりうんと細いです。ビタミン大根は生育はよかったのですが、初期のひどい虫食いでダメージを受け、生育不良のものが大半でした。
 ハクサイは玉を巻かず。これも初期の虫食いの影響と晩生品種がためと思われます。
 ホウレンソウの第1弾は順調でしたが、第2弾の畝は土壌が酸性化していたのか育ちがうんと悪いです。
 順調に生育したのは、カリフラワー、ブロッコリー、小松菜、春菊、カブで、ただいま収穫中です。キャベツはやや生育遅れしました。そしてニンジンは畑に随分と残っています。
 ネギは、当地特産の「徳田ねぎ」で、味が抜群の栽培法を見出しましたから、慣行農法で有機栽培していますが、9月の天候不順で生育が極端に悪く、株分れが少ないし、細いです。こんな不作は初めての経験です。当地どこもかも似たような作柄のようです。
 ゴボウは栽培していませんが、ゴボウの特徴的な成分「フラクトオリゴ糖」(これはすぐれものです)をゴボウの3倍も含むヤーコン芋をたくさん作付けし、毎日のように料理に入れています。ただし、無肥料ということもありますが、何といっても夏のひどい猛暑でダメージを受け、凶作となりました。
 ヤーコン芋は、そのフラクトオリゴ糖の働きで整腸効果抜群。ヤーコン芋の大半を当店のお客様に差し上げているのですが、お通じが良くなったと大好評です。参考までに、ヤーコン葉は糖尿病改善にとてもいいです。
 柑橘類は皆、絶好調です。みかん2種類は実をたわわに付けており、毎日いただいています。甘夏もまもなく食べ頃となりましょう。畑の際に1本あるユズも例年どおり実を付け、何かと使わせていただいています。そして、金柑も色付いてきました。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:冬至から小寒まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:冬至から小寒まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

 うちの自家栽培野菜などの状況をご紹介させていただきます。
 秋冬ニンジン、そして冬野菜のキャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、ホウレンソウ、春菊、カブ、小松菜の収穫が続いています。
 白菜、ビタミン大根(中まで緑色)、普通の大根は、発育初期の虫食いで出遅れ、また、今年から導入した無肥料栽培の影響もあって不作です。
 冬野菜の中で一番多く作付けしているのがネギでして、当地のブランド品「徳田ねぎ」は柔らかくて甘いと大評判で、毎年、遠方の方へ贈答したり、お客様に差し上げたりしています。ところが、今年も9月の多雨で根腐れ傾向にあり、生長が悪く、なかなか太くならず、平年に比べ、かなり細いものになっています。12月半ばから少々収穫を始めたところですが、本格的な収穫は1月半ば以降にするしかないです。
 芋類は保存してあり、サツマイモ、里芋、山芋(栽培種のイチョウ芋)、ヤーコン芋がいつでも食べられます。ただし、ヤーコン芋は今夏の猛暑で凶作となり、平年作の2割の出来です。
 なお、ヤーコン芋はすぐれもの。フラクトオリゴ糖たっぷりで、整腸作用が抜群。癖のない味ですから、どんな料理にも入れられ、毎日少しずつ食べています。
 (参照 当店[三宅薬品]のホームページ:ヤーコンの魅力)
 果物は、みかんを2品種栽培しています。今期は表年に当たり、普通のみかんが大豊作で収獲中です。オレンジがかかった晩生のみかんも間もなく収穫可能となります。
 それ以外にはユズがあり、毎年たわわに生ってくれます。香り付けに時々使うほか、年明け後にはユズ酒を作り、丸1年熟成させて、食前酒にしています。
 なお、冬至七種の一つ「金柑」の木もありますが、完熟するのは春分以降となり、その頃に全部収穫し、金柑酒にしています。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の20件 24節気毎の野菜収穫見込み ブログトップ