So-net無料ブログ作成
24節気毎の野菜収穫見込み ブログトップ
前の20件 | -

24節気毎の野菜収穫見込み:大雪から冬至まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「大雪から冬至まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況などを記事にすることします。

<2019年>
 昨年の晩秋と同様に今年もずっと暖かく、冬野菜の生育は概ね順調です。
 でも、うちの畑は大半が無肥料・連作・無農薬栽培3年目となり、土壌中の残留肥料が枯渇し、例年とは様相を変えているものが若干あります。
 キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーは順調で、収穫が始まったところです。昨年はキャベツの玉がたいして大きくなりませんでしたが、今年は例年並み。
 普通の大根は、昨年は全然太くならなかったですが、今年は例年並みとはいきませんが、昨年よりずっと太いです。そして、先行していた「ビタミン大根」(中まで緑色で、大根おろしにすると、とてもいい香がして美味しい)は、昨年のような初期の虫食いがなかったからか、順調そのもので、好成績を収めています。もっとも、有機肥料栽培していた時期の豊作年に比べると若干細いですが。
 白菜は無肥料栽培が難しく、ために苗づくりを早めたり、例外的に腐葉土を入れたところ生育は良く、初期の虫食いがけっこうありましたが、生育はまずまず順調です。ただし、まだ玉が巻かない状態にあります。
 カブ、小松菜、春菊は暖かな11月であったからか、極めて順調に成育中です。
 ホウレンソウは第1弾、第2弾とも激しく虫に食われ、今が収穫時期になるのですが、ほとんど採れそうにない状態です。また、昨年に比べ、若干生育不良で、これは土壌があまりアルカリ性になっていなかったせいと思われます。アルカリ度を増すために草木灰を撒いたのですが、撒き方が足りなかったようです。第3弾、第4弾は、さほど虫食いはないものの、寒くなって生育が止まり、これは初春以降の収穫となります。なお、これらも草木灰不足の感がします。
 秋冬ニンジンは無肥料でも例年どおり生育が良く、収穫が続いています。
 冬野菜の中で一番多く作付けしているのがネギでして、当地のブランド品「徳田ねぎ」は柔らかくて甘いと大評判で、遠方の方へ贈答したり、お客様に差し上げたりしています。これは肥料を使った慣行農法での栽培ですが、例年なら霜が降り始めた今頃から甘味が増し、収獲のシーズンに入るのですが、昨年がそうでしたが、今年はより秋の長雨にたたれて根腐れ傾向にあり、成育がとんと思わしくなく、まだ収穫できる大きさになっていません。
 各種芋類は保存してあり、サツマイモ、里芋、山芋(栽培種のイチョウ芋)、ヤーコン芋がいつでも食べられます。なお、ヤーコン芋はすぐれもの。フラクトオリゴ糖たっぷりで、整腸作用が抜群。癖のない味ですから、どんな料理にも入れられ、毎日少しずつ食べています。
 (参照 当店[三宅薬品]のホームページ:ヤーコンの魅力)
 果物は、今年豊作になった柿がまだ生っています。そろそろ全部収穫せねばなりません。みかんは、普通のみかんとオレンジがかかった晩生のものの2品種栽培していますが、今季は裏年に当たり、実の付き方が少ないです。前者は食べ頃になりました。後者は2月頃からの収獲となります。
 それ以外にはユズがあり、概ね熟してきましたので香り付けに時々使っています。
 群生しているミツバがたっぷりあり、まだ薬味として使えます。
 昨年から本格的に栽培を始めたショウガは、刻み藁などを被せてシートで覆い、畑での保存を試みています。必要な量を順次掘り出すことにします。

<2018年>
 昨年の晩秋は低温傾向で推移したのに対し、今年は真逆でずっと暖かく、冬野菜の生育は、昨年に比較すると多くの野菜がすごい勢いです。
 でも、うちの畑は大半が無肥料自然栽培2年目となり、土壌中の残留肥料が枯渇し、例年とは様相を変えているものがけっこうあります。
 キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーは昨年より2~4週間遅れで収穫が始まったところです。なお、キャベツは肥料枯渇のせいでしょう、玉がたいして大きくなりません。
 普通の大根は、これも肥料枯渇のせいでしょう、全然太くならず、このままの姿で終ることでしょう。ただし、「ビタミン大根」(中まで緑色で、大根おろしにすると、とてもいい香がして美味しい)はそうしたことはなく、例年どおりの生育で、収穫できていますが、多くは初期に虫食いが激しく、そうした株は大幅に出遅れ、冷え込んできましたから、これ以上の生育は望めません。
 白菜は無肥料栽培が難しく、少々牛糞堆肥を入れましたが、初期の虫食いが激しかったこともあり、生育は遅れ、まだ玉が巻かない状態にあります。
 カブ、小松菜、春菊は暖かな11月であったため、無肥料であっても順調すぎる成育です。ホウレンソウは第1弾は同様に順調にいきましたが、第2弾は発育不良になり、これは土壌が酸性に傾いているかと思われ、アルカリ度を増すために草木灰を撒いて様子見しているところです。
 秋冬ニンジンは無肥料でも例年どおり生育が良く、収穫が続いています。
 冬野菜の中で一番多く作付けしているのがネギでして、当地のブランド品「徳田ねぎ」は柔らかくて甘いと大評判で、遠方の方へ贈答したり、お客様に差し上げたりしています。これは肥料を使った慣行農法での栽培ですが、例年なら霜が降り始めた今頃から甘味が増し、収獲のシーズンに入るのですが、今年は秋の長雨にたたれて根腐れ傾向にあり、成育が思わしくなく、まだ収穫できる大きさになっていません。
 各種芋類は保存してあり、サツマイモ、里芋、山芋(栽培種のイチョウ芋)、ヤーコン芋がいつでも食べられます。ただし、今夏のまれにみる猛暑がために暑さに弱いヤーコンは過去に例のない凶作です。
 なお、ヤーコン芋はすぐれもの。フラクトオリゴ糖たっぷりで、整腸作用が抜群。癖のない味ですから、どんな料理にも入れられ、毎日少しずつ食べています。
 (参照 当店[三宅薬品]のホームページ:ヤーコンの魅力)
 果物は、みかん類を2品種栽培しています。普通のみかんとオレンジがかかった晩生のものの2品種ですが、今季は表年に当たり、たわわに実を付けています。前者は食べ頃になりました。後者は2月頃からの収獲となります。
 それ以外にはユズがあり、概ね熟してきましたので香り付けに時々使っています。群生しているミツバがたっぷりあり、まだ薬味として使えます。
 今年初めて本格的に栽培したショウガは、刻み藁などを被せてシートで覆い、畑での保存を試みています。必要な量を順次掘り出すことにします。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:小雪から大雪まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「小雪から大雪まで
については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況などについて書くこととします。

<2019年>
 秋冬ニンジンの収穫が続いています。今年も無肥料ながらまずまず豊作です。
 今年のビタミン大根は最高に順調で11月初めから収穫でき、そのとき細かったものも随分と太くなりました。
 ブロッコリー第1弾は花蕾を摘み終わり、脇芽待ち。第2弾は当分先。
 去年は悪かったキャベツがそろそろ収穫できそうです。
 昨年同様に、春菊とカブは、もう収穫を始めました。
 小松菜は遅れています。
 ホウレンソウは虫食いが激しく、大半が虫に食われ、ほとんど収穫できません。
 例年どおり、間もなく、大根、カリフラワーの収穫が始まりましょう。
 白菜は、順調そうですが、まだ玉は巻いてないです。
 当地特産の「徳田ねぎ」は9月の長雨で根腐れしたようで、昨年以上に不作です。
 薬味として使うショウガ、三つ葉の収穫が続いています。
 大量作付けしているヤーコン芋も成長が止まり、掘り出す時期となりますが、大半をシート掛けして防寒し、春先までかけて順次1畝ずつ掘り出すことにしています。ここ3年、無肥料ですから生育は悪く、収穫量はいまいちでしょう。
 数本成育してくれたキクイモが全部枯れましたから、もう収穫できます。
 果物は、みかん類を2品種栽培しています。普通のみかんは今節から収穫できるようになります。今年は裏年であまり生っておらず不作です。また、オレンジがかかった晩生のみかんは、昨年はそこそこ生ってくれましたが、今年も同様です。その収穫はずっと後になります。
 柿は今年は豊作で、まだまだ生っており、これを当分の間、毎日食べねばならず、みかんを口にするのはずっと先になります。 

<2018年>
 秋冬ニンジンの収穫が続いています。今年は大豊作です。去年は豊作で今頃には収穫が始まっていたキャベツは、今年は随分と遅れています。
 今年収穫が早まったのが、小松菜、ホウレンソウ、春菊、カブで、もう収穫を始めました。
 例年どおり、間もなく、大根、ブロッコリー、カリフラワーの収穫が始まりましょう。この中で変り種が「ビタミン大根」です。中まで緑色で、大根おろしにすると、とてもいい香がして美味しいです。大量作付けして、当店のお客様に差し上げることにしています。
 白菜は、初期に虫食いが激しく、出遅れています。
 薬味として使うショウガ、三つ葉の収穫が続いています。
 里芋は先日、全部を掘り出し、これから食べることにします。
 大量作付けしているヤーコン芋も成長が止まり、掘り出す時期となりますが、大半をシート掛けして防寒し、春先までかけて順次1畝ずつ掘り出すことにしています。ただし、今年は夏の猛暑でダメージが大きく、収穫は例年の半分にもならないでしょう。
 果物は、みかん類を2品種栽培しています。普通のみかんは今節から収穫できるようになります。去年は裏年でしたから今年は表年で大豊作です。なお、オレンジがかかった晩生のみかんは、昨年は枯れかけて弱々しく、全く実を付けませんでしたが、今年はそこそこ生ってくれており、ほっとしています。これの収穫はずっと後になります。
 柿がまだまだ生っており、これを当分の間、毎日食べねばならず、みかんを口にするのは当分先になります。 
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:立冬から小雪まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「立冬から小雪まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況などについて書くこととします。

<2019年>
 今、残っている夏野菜はピーマンだけですが、樹体がまだまだ元気で、今しばらく収獲が続きます。 
 菊菜、秋冬ニンジンが収穫できるようになりました。
 ミツバ、ショウガの収穫が続いています。
 今年は、早生品種であるビタミン大根の生育が良く、11月初めからバンバン収穫できており、久しぶりに大豊作です。
 ブロッコリーの花蕾が早々に収穫できるようになったのですが、苗が悪かったのか粗々で花が咲きそうになってしまっています。こんなことは初めて。
 里芋は既に収穫しましたが、無肥料・連作がためにチョウ不作。
 むかごからの2か年栽培の山芋は無肥料ながら、まずまずの収穫でした。連作・無肥料の単年栽培山芋は発芽不良もあって不作でした。
 サツマイモは「紅はるか」は豊作でしたが、並んで植えた「安納芋」は「紅はるか」のツルの勢いに負けてしまい、不作でした。でも、ともにネコブセンチュウ被害は薬剤のお陰で軽微でした。
 果物は、富有柿が3本あり、今年やっと無農薬が成功し、本格的な収穫を始め、親類縁者へ順次、送ることができるようになりました。

<2018年>
 今、残っている夏野菜はピーマンだけですが、今年は樹体がまだまだ元気で、今しばらく収獲が続きます。
 秋冬ニンジン、ショウガの収穫が続いています。
 遅蒔き大根の選り菜を最終収穫することとなりました。
 早生品種であるビタミン大根の収穫が例年どおり始まりますが、今年はキャベツは大幅に遅れています。逆に、ホウレンソウと小松菜が間もなく収穫可能です。
 サツマイモは3品種が収獲済みでしが、切り干しにする安納芋をこれから掘り起こしをします。
 山芋を畑で栽培しており、例年より早く、つい先日、全部掘り出しました。
 里芋はまだ成長中ですから、収穫は次の節気になってからです。
 果物は、富有柿が3本あり、本格的な収穫が始まりましたが、着果が少なく、親類縁者へ送るには少なすぎます。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:霜降から立冬まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「霜降から立冬まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況などを記すこととします。

<2019年>
 記録するのを忘れました。

<2018年>
 細々続いていた秋ナスですが、今年はもう終了しました。
 ピーマンは好成績で、まだまだ順調に収穫が続いています。
 今年は少し遅れましたが、秋冬ニンジンの本格的な収穫が始まりました。
 9月に時差種蒔きした大根の選り葉が今年もまだまだたくさん収穫できます。
 例年ならキャベツやホウレンソウが今節末に収穫できるのですが、今年は遅れていて、来節にずれ込みそうです。
 昨年から栽培に取り組んでいるショウガを掘り出す時期となります。
 大量作付けしたサツマイモ(紅東、安納芋ほか2種類)を全部掘り出します。
 果物は、晩生の富有柿が3本あり、2本は生りが悪いですが、1本は例年並みの生りようで、とても自家消費しきれません。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:寒露から霜降まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「寒露から霜降まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況などについて紹介することします。

<2019年>
 夏野菜は、もうほとんどが終わりましたが、ピーマンは収穫量が減るものの11月半ばまで収穫が続きましょう。
 紫ナス、白ナスは今年は無肥料・連作がためにチョウ不作でしたが、そのせいか随分と遅くまで生り、量は少ないですが、今しばらく収穫できそうです。
 キャベツ類のコンパニオンプランツとして、畝の法尻に種蒔きした菊菜の一部がもう食べ頃になりました。
 秋冬ニンジン、ショウガの収穫が間もなく始まります。
 9月に時差種蒔きした普通の大根の選り葉が例年なら順次収穫できるのですが、今年は葉っぱを随分と虫に食われ、収穫不能となりました。
 薬味の類としては青シソが間もなく終わり、三つ葉が収獲できるようになりましたし、ニラは間もなく最後の刈り取りとなりましょう。
 果物としては柿の木が3本あります。一昨年まで3年間は無農薬であったがためにヘタムシの被害がひどくて大半が落果してしまいましたが、昨年、真冬に幹の皮をはぎましたので、ヘタムシの越冬をかなり阻止でき、昨年は落果が少なかったものの、今年は夏から9月にかけて7割ほどが落下したものの、間もなくけっこうな収穫ができる見込みです。

<2018年>
 夏野菜は、もうほとんどが終わりましたが、ピーマンは収穫量が減るものの11月半ばまで収穫が続きます。
 秋冬ニンジンの収穫が始まります。
 9月に時差種蒔きした大根の選り葉が順次収穫できています。
 そして、昨年から栽培に取り組んでいるショウガが収穫できるようになります。
 薬味の類としては青シソ、三つ葉が収獲出来ますし、ニラは間もなく最後の刈り取りとなりましょう。
 果物は柿の木がありますが、昨年まで3年間は無農薬であったがためにヘタムシの被害がひどくて大半が落果してしまいましたが、今年は真冬に幹の皮をはぎましたので、ヘタムシの越冬をかなり阻止でき、けっこうな収穫ができる見込みが立ち、間もなく順次収獲の運びとなります。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:秋分から寒露まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「秋分から寒露まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況を掲載することとします。

<2019年>
 無肥料栽培のせいか夏野菜の生育は多くが遅れがちです。
 白ナスは無肥料・連作がため不作ですが、大幅に遅れて実が少しは生りだし、ちょうど峠が過ぎたところですが、まだ続きそうです。
 紫ナスも無肥料・連作がため不作ですが、大幅に遅れては実が少しは生りだし、ちょうど今がピークといったところです。
 ピーマンも無肥料・連作がため、成育は大幅に遅れましたが、ここへ来てけっこう生育しだし、実が順調に採れだしました。
 オクラは順調でしたが、ピークは過ぎた感がします。
 薬味となるミョウガ、青シソ、三つ葉そしてニラがいつでも収穫可能です。
 8月下旬に種蒔きしたビタミン大根の選り葉が順次収穫できるようになりました。今年は珍しくほとんど虫食いがなく、大量の選り葉が採れそうです。続いて9月10日に種蒔きした普通の大根の選り葉が採れだします。
 普通の品種のイチジクは若木ですが、ポツポツ熟し、あと少しは採れるでしょう。

<2018年>
 夏野菜は、もうほとんどが終わり、残すは白ナスとピーマンだけです。
 白ナスは寒露の頃まで収穫が続きそうです。
 ピーマンはとても足が長く、夏秋野菜と言え、11月半ばまで収穫が続きます。
 薬味となるミョウガ、青シソ、三つ葉はいつでも収獲可能ですし、ニラもまだ採れます。
 これから旬となる秋冬ニンジンの収穫が間もなく始まります。
 9月に種蒔きした大根の選り葉が順次収穫できるようになります。
 果物では今年はイチジク(ダルマティー)1本だけですが、鳥に全部突かれてしまい、無収穫となり、残念です。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:白露から秋分まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「白露から秋分まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況を掲載することとします。

<2018年>
 一昨年の冬野菜の一部、昨年の夏野菜の全部から、無肥料栽培に取り組んでいますので、その影響を受けて不作なものが昨年より増えています。
 夏野菜は、もうほとんどが終盤となり、終ったものも多いです。
 キュウリは足が短く、3回にわたり時差栽培し、最終の第3弾が例年なら今頃盛りとなりましょうが、昨年も今年もチョウ不作で、ほぼ無収穫です。
 十六豆(十六ササゲ)は第2弾が復活し、復活の最盛期を迎えました。例年並みに豊作です。
 オクラもまだまだ元気でコンスタントに収穫が続いています。
 ゴーヤは昨年少しは生ったのですが、今年は無収穫に終わりそうです。
 ナス(白ナス・紫ナス)は足が長いですが、昨年はまずまずであったのが、どちらも非常に生育が悪く、ほんの少しずつしか実を付けません。
 ピーマンは昨年は順調でしたが、今年は少しは生育しているものの実の付きようが悪く、どれだけも収穫できていません。これから多少は収穫できるのを期待しているところです。 
 トウモロコシは4回に分けて時差栽培しましたが、最終収穫し終えたところです。
 枝豆を時差栽培していますが、最終の第3弾の収穫が続まります。
 薬味として、ミョウガと青シソがあり、これはまだまだ収穫できます。
 てんぷら用に夏大根を栽培していますが、今年はもう収穫が終了しました。
 夏キャベツも栽培していますが、年はもう収穫が終了しました。
 なお、カボチャは納屋で備蓄していますが、今年は昨年よりは成績が良く、冬至までもつかもしれません。
 果物は、今年、ダルマティーが成木となり高収穫になりましたが、間もなく終わりです。通常のイチジク2本は幼木で、今年は数個ずつしか実を付けていませんが、初期に鳥に1個だけ突かれただけで、ここのところは鳥に突かれず、熟したものから収穫中です。

<2018年>
 昨年の冬野菜の一部、今年の夏野菜の全部から、無肥料栽培に取り組んでいますので、その影響を受けて不作なものが幾つか出ていますが、思いのほか順調です。
 夏野菜は、もうほとんどが終盤となり、終ったものも多いです。
 キュウリは足が短く、3回にわたり時差栽培していますが、最終の第3弾がチョウ不作で、例年なら今頃盛りとなりましょうが、今年はもうダメです。十六豆(十六ササゲ)は第1弾、第2弾とも数日前にパタリと終ってしまいました。オクラ、ゴーヤももう終わりです。
 ナス(白ナス・紫ナス)は足が長いですが、紫ナスは今夏の猛暑と旱魃で生育が悪くて実がほとんどつかず何ともなりませんし、白ナスは多少収穫ができているものの無肥料栽培ゆえか、かんばしくありません。
 ピーマンは順調にいっており、これから収穫がピークとなります。 
 枝豆を時差栽培していますが、最終の第3弾の収穫が続いています。
 薬味として、ミョウガと青シソがあり、これはまだまだ収穫できます。
 てんぷら用に夏大根を栽培していますが、今年は猛暑で第2弾、第3弾が全滅し、第1弾の残りを土の中に埋めてあるのですが、もう傷んでいて食べられないかもしれません。
 夏キャベツも栽培していますが、猛暑がために成績が悪く、小さな玉にしかなっていません。
 なお、カボチャは納屋で備蓄していますが、今年は無肥料栽培がたたったようで、チョウ不作となって残り4個しかなく、冬至までもつことはあり得ず、残念なことです。
 果物は、今年はイチジクが1本だけで、夏生りもそうでしたが、今頃食べ頃となる秋生りも全部鳥に突かれてしまって無収穫に終わりました。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:処暑から白露まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「処暑から白露」までについては、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 今年は無肥料栽培2年目ということもあって、全般にチョウ不作です。
 キュウリは不作ながらもまずまず採れていたものの第2弾がもう終わり、第3弾は育ちが極めて悪く、収穫の見込みは全く立っていません。
 紫ナス、白ナスともに極めて成育が悪く、自家消費にも事欠くほどですが、細々と続いています。
 トマトも極めて成育が悪く、自家消費にも事欠くほどで、もう終わりです。
 ピーマンも極めて成育が悪く、これから少しは生ってくれないかと期待しています。
 十六豆(十六ササゲ)第2弾は普通作でしたが、いったん終わってしまい、今、小休止していますが、復活するのを期待しています。
 オクラは背が低いですが、順調で、例年並みに収穫できています。
 ゴーヤは土壌改良したにもかかわらず、昨年より不出来で、いまだ無収穫です。
 カボチャは昨年並みに不作で、間もなく全部を収穫します。
 トウモロコシも不作ですが、第4弾が間もなく収穫できます。
 枝豆は好調で、間もなく第3弾を収穫することになります。
 夏大根は第2弾が好調で、間もなく収穫終了。第3弾は生育不良です。
 夏キャベツは生育不良でまだ半分しか小さな玉しか巻いておらず、不作です。
 夏ニンジンは不作ですが、昨年よりは良く、間もなく全部収穫します。
 薬味として、大きく生長した青シソがあり、ミョウガが取れ続け、好調です。
 果物はイチジクがあり、やっと樹体が完成した「ダルマティー」の収穫が始まりました。

<2018年>
 夏野菜も、この時期になると多くが終盤となり、終ったものも多いです。
 キュウリは足が短いですが第1弾が思いのほか長く収穫できたものの、もう終わりました。期待していた第2弾は初めて栽培した品種で、初生りは苦味がきつくて食べられず、よって放置し、先日処分しました。最後の望みの第3弾は樹勢は立派なものですが、実がなかなかつかず、いつになったら収穫できましょうや、といった状態。
 普通の紫ナスはカラカラ天気がために水不足で生育が止まり、生った実もなかなか大きくならず、カチンカチンになり、ずっと収穫できませんでしたが、これから秋ナスとしてどれだけか収穫できるでしょう。うちのメインは白ナスで、紫ナス同様な傾向が少々あるも、何とか収穫できており、23日以降の台風の雨で実の膨らみが加速することを期待しています。
 ピーマンは順調に成育し、これから収穫がピークとなります。
 十六豆(十六ササゲ)は第1弾が復活し多収穫できていますし、小休止の第2弾もこれから復活することでしょう。
 猛暑にもかかわらずオクラは順調で、ゴーヤも何とか収穫できています。
 枝豆は第1、2弾の収穫が終わり、間もなく第3弾を収穫することになります。
 カボチャは不作で、収穫済みですが、保存食糧として備蓄しています。
 薬味として、大きく生長した青シソがありますし、ミョウガが取れ続けています。
 夏ニンジンは不作でしたが、まだ半分残っています。夏大根は第1弾が腐りはじめ、第2弾、第3弾ともに異常な猛暑がために全滅しました。
 夏キャベツは第1弾が終わり、第2弾、第3弾はずっと先になりそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:立秋から処暑まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「立秋から処暑まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況を掲載することとします。

<2019年>
 キュウリは足が短く、例年どおり第1弾はとっくに終わり、第2弾もピークを過ぎました。第3弾は生育がとんと悪く、当分先でしょう。
 ナス(白ナス・紫ナス)とピーマンはチョウ不作です。
 オクラは背が低いものの、順調に収穫が続きます。
 トマトはゴールデンウイーク過ぎに定植した接木苗、冷床種蒔きした第2弾ともチョウ不作で、細々と収穫しているに過ぎません。
 十六豆(十六ササゲ)第1弾もチョウ不作でしたが、第2弾は例年なもの豊作で、今、収穫の真っ盛りです。
 ゴーヤも大幅な遅れで、まだ収穫できていませんし、生りは極端に悪いです。
 カボチャも無肥料がたたって昨年同様に大幅な収穫減となりましたが、そろそろ全部を収穫し、長期保存します。
 本格的に栽培を始めたトウモロコシは、不作でしたが第1弾から第3弾の収穫が終わり、間もなく第4弾が収穫できましょう。
 枝豆は第2弾を収穫中で、これは好調です。
 また、薬味として、大きく生長した青シソがあり、ミョウガが取れはじめました。
 今年3弾年目のチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)は、柿の木の木陰での栽培で、間もなく収穫しゅうりょうです。
 ニラを少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 時期外れですが、夏大根と夏キャベツそして夏ニンジンが収穫できますが、夏大根は成功、夏キャベツはチョウ不作、夏ニンジンはまずまず、といったところです。
 果物はメロンがあります。1品種は完熟前にほとんど枯れてしまいましたが、もう1品種は枯れることがなく、まずまず成功しました。 

<2018年>
 キュウリは足が短く、例年なら第1弾はとっくに終っているのですが、今年はまだまだ収穫でいており助かっています。というのは、第2弾が珍品種であったがために生りが非常に悪いからです。でも、今節後半には第3弾が生りはじめましょう。
 ナス(白ナス・紫ナス)やピーマンそしてオクラは足が長く、順調に収穫が続きます。ただし、7月25日以降、雨らしい雨がなく、畑が乾ききっていますから、いまいち生りが悪いです。
 トマトは例年立秋には終わりますが、昨年同様、今年も種蒔きを冷床で行ったため、出遅れており、今がピーク後半といったところです。なお、接木苗をゴールデンウイーク過ぎに定植したものは間もなく終了です。
 十六豆(十六ササゲ)第1弾はいったん終りましたが、直ぐに復活し、今、盛んに生りはじめました。遅植えの第2弾が今、ピークとなりました。
 ゴーヤは、既に収穫できるようになりましたが、やせた土壌で無肥料栽培していますから、小さなものしか収穫できません。
 カボチャも無肥料がたたって大幅な収穫減となりましたが、そろそろ全部を収穫し、長期保存します。
 また、薬味として、大きく生長した青シソがありますし、ミョウガが取れはじめます。
 今年2年目のチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)は、柿の木の木陰での栽培で、まだ収穫可能です。
 ニラを少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 時期外れですが、夏大根と夏キャベツそして夏ニンジンが収穫できますが、どれも今年はいまいちです。
 果物はメロンがあります。毎年失敗続きでしたが、今年はまれに見る好成績で、今しばらく収穫できます。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:大暑から立秋まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「大暑から立秋まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 キュウリは足が短く、第1弾(無肥料2年目で不作)がほとんど終わり、第2弾が生りはじめましたが、これも無肥料栽培2年目という悪条件下にあり、生りは悪いです。
 ナス(白ナス・紫ナス)やピーマンは足が長く、例年、順調に収穫が続いている時期なんですが、今年は無肥料栽培2年目という悪条件下にあり、ほとんど収穫できていません。
 トマトは足が短い方で、ゴールデンウイークに苗を定植したものは、例年、間もなく峠を過ぎるものの、冷床種蒔きした在来種トマトが色付きはじめる頃です。でも、今年は、無肥料栽培2年目で、前者は生育が遅れ、昨年の半分の収穫がやっとピークを迎えたところです。後者はひどい不作で、いまだ色付かずの状態です。
 十六豆(十六ササゲ)第1弾も例年はピークを過ぎた頃になるのですが、これも無肥料栽培2年目という悪条件下にあり、生育は遅れ、細々としたピークを迎えたところです。
 今年も昨年同様に遅れているゴーヤ、無肥料栽培2年目で、8月になってから例年の2割程度が収穫できるのではないでしょうか。
 無肥料栽培1年目の昨年のカボチャはたいへんな不作でしたが、今年も同様で、どれだけも生っていませんが、間もなく1、2個が食べ頃になりましょう。
 まずまず収穫できているのは、オクラと枝豆それにチマサンチュ。これらも無肥料栽培2年目ですが、うまくいっています。ただし、オクラはとても背が低いです。
 なお、薬味として、大きくなってきた青シソがありますし、ミョウガの収穫が始まりました。これらは放任栽培ですが、すこぶる順調です。
 フキは昨年新たに作った栽培箇所が、今年も不作で、ほとんど収穫できず、あちこちの一人生え箇所の収穫はね終わり、あとはたいして期待できません。
 ニラも少々栽培しており、これはいつでも刈り取って料理に使うことができます。
 これ以外にもありまして、時期外れですが夏大根と夏ニンジンの収穫が続いています。これらは無肥料栽培2年目ですが、好成績を収めています。夏キャベツは出遅れ。
 トウモロコシを土壌改良のため、4回に分けて無肥料で時差栽培しているのですが、型は小さいものの毎日食べられるようになりました。
 果物はメロンを栽培していますが、毎年失敗続きでしたが、昨年も今年も無肥料ながら調子は良さそうで、まだ枯れることはなく、ぼつぼつ収穫を始めたところです。

<2018年>
 キュウリは足が短く、第1弾がまもなく終り、第2弾が生りはじめました。
 ナス(白ナス・紫ナス)やピーマンは足が長く、順調に収穫が続きます。
 トマトは足が短い方で、ゴールデンウイークに苗を定植したものは、間もなく峠を過ぎましょうが、冷床種蒔きした在来種トマトがやっと色付きはじめます。
 十六豆(十六ササゲ)第1弾はピークを過ぎましたが、まだまだ収穫が続きます。
 ぼつぼつ収穫できているオクラは、これからが本番になります。
 今年も少々遅れているゴーヤが8月になってから収穫できるでしょう。
 3年目の栽培となるカボチャは今年たいへんな不作で、どれだけも生っていませんが、間もなく食べ頃になりましょう。
 こうして、夏野菜が出揃うのがこの時期です。
 また、薬味として、大きくなってきた青シソがありますし、ミョウガが頭を出し始めます。
 3年目の栽培となるチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が大きく育ち、下のほうの葉から順次もいで、おひたしや味噌和え、そしてサラダにしています。菜っ葉類が少ない夏ですから、貴重な葉野菜です。
 なお、フキは今年不作で、まもなく第2回の収穫をしますが、あとはたいして期待できません。
 ニラも少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 これ以外にもありまして、時期外れですが夏大根と夏キャベツの収穫が続いていますし、夏ニンジンの収穫も始まっています。
 他に、枝豆またはトウモロコシが毎日食べられます。
 果物はメロンを栽培していますが、毎年失敗続きでしたが、今年は調子がよさそうで枯れることはなく、収穫を始めたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:小暑から大暑まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「小暑から大暑まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 キュウリは足が短く、例年第1弾が今ピークで間もなく終り、引き続き第2弾が生りはじめるのですが、無肥料栽培2年目の今年、チョウ不作となり、自家消費にも事欠きます。トマト第1弾、紫ナスも同様で不作です。ピーマンはポツポツ生り始めていますが、昨年に比べてもイマイチです。一方、十六豆(十六ササゲ)、枝豆は例年どおり期待できそうで、2、3日前から採れ始めました。これに、オクラが続くでしょう。苦味食材で夏にふさわしいゴーヤは昨年同様に大幅に遅れています。
 こうして、夏野菜の多くは苦戦しています。
 薬味としては、随分と大きくなってきた青シソがありますし、ミョウガが間もなく頭を出し始めます。
 近年、栽培を始めたチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が大きく育ちはじめ、下のほうの葉から順次もいで、おひたしや味噌和え、そしてサラダにできるようになりました。菜っ葉類が少ない夏ですから、貴重な葉野菜です。
 なお、苦味食材の代表格であるフキは、栽培場所を変えたこともあって、これからの収穫となり、それが終わればゴーヤとバトンタッチです。
 ニラも少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 これ以外にも、時期外れですが夏大根の収穫が続いており、間もなく夏キャベツの収穫が始まります。そして、間もなく夏ニンジンの収穫が始まります。
 果物はメロンを栽培していますが、梅雨明け後に、枯れなければの条件付きですが、どれだけか収穫できることでしょう。
 なお、イチジクは3本(3種類)あり、例年この時期に夏の分が収穫できるようになるのですが、今年は、幼木であったり、冬にバッサリ枝落としをしたがために、実が熟すのは随分先になりそうです

<2018年>
 キュウリは足が短く、第1弾が今ピークで間もなく終り、引き続き第2弾が生りはじめましょう。トマト第1弾、紫ナス、ピーマンがこれから最盛期を迎えます。そして、ゴーヤ、オクラ、十六豆(十六ササゲ)、枝豆が採れ始めます。こうして、夏野菜が出揃うのがこの時期です。また、薬味として、随分と大きくなってきた青シソがありますし、ミョウガが間もなく頭を出し始めます。
 一昨年から栽培に取り組んでいるチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が大きく育ち、下のほうの葉から順次もいで、おひたしや味噌和え、そしてサラダにしています。菜っ葉類が少ない夏ですから、貴重な葉野菜です。
 なお、苦味食材の代表格であるフキは、栽培場所を変えたこともあって、これからの収穫となり、それが終わればゴーヤとバトンタッチです。
 ニラも少々栽培しており、いつでも刈り取って料理に使うことができます。
 これ以外にも、時期外れですが夏大根の収穫が続いており、間もなく夏キャベツの収穫が始まります。なお、大根は時差蒔き3回とし、選り葉を炒め物にしていただいています。そして、今年は出遅れている夏ニンジンの収穫が間もなく始まります。
 果物はメロンを栽培していますが、今年も出遅れており、梅雨明け後に、枯れなければの条件付きですが、どれだけか収穫できるかもしれません。
 なお、大玉のイチジク「ダルマティー」は防鳥ネットをしっかり張ったのですが、わずかな隙間から鳥が入り込み、未熟な状態で全部食われてしまいました。今、小さな実の秋収穫まで待たねばなりません。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:夏至から小暑まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「夏至から小暑まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

(2019年)
 例年、キュウリは第1弾がこれから最盛期を迎え、この時期の終盤には第2弾が採れ始めますし、紫ナスも取れ始め、トマトが初生りします。こうして、順次、夏野菜の種類が増えていくのですが、無肥料栽培2年目となる今年は、どれもこれも不作でして自家消費にも事欠く有様です。
 3年目の栽培となるチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が大きく育ち、まだ株の選りの段階ですが、今後は下のほうの葉から順次もいで、おひたしや味噌和えにしたり、生食したりしています。菜っ葉類が少ない夏ですから、貴重な葉野菜ですし、夏にふさわしい苦味食品です。
 なお、フキは新しい栽培場所の立地条件が悪く、なかかな大きく育たず、収穫はもう少し後になりますが、夏にピッタリの苦味食品です。
 これ以外には、夏大根の収穫ができるようになりましたし、間もなくニンジンや夏キャベツの収穫ができましょうが、今年はちょっと遅れそうです。
 一番うれしい収穫物は、昨年に引き続きビワの実が生ったことです。夏至の頃が旬のビワ。今年は摘果を十分に行ったので、大きな実が数十個、近日収穫できます。

(2018年)
 キュウリは第1弾がこれから最盛期を迎えます。この時期の終盤には第2弾が採れ始めます。紫ナスも取れ始めました。そして、トマトが初生りする時期です。
 こうして、順次、夏野菜の種類が増えていきます。
 一昨年から栽培に取り組んだチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が大きく育ち、まだ株の選りの段階ですが、今後は下のほうの葉から順次もいで、おひたしや味噌和えにしたり、生食したりしています。菜っ葉類が少ない夏ですから貴重な葉野菜ですし、夏にふさわしい苦味食品です。
 なお、フキはここ2年栽培場所をころころ変え、成績が悪く、収穫はもう少し後になりますが、夏にピッタリの苦味食品です。
 これ以外にもありまして、時期外れですが夏大根の収穫ができるようになりますし、間もなくニンジンや夏キャベツの収穫ができましょうが、今年はちょっと遅れそうです。
 一番うれしい収穫物は、昨年に引き続きビワの実が生ったことです。夏至の頃が旬のビワ。今年は去年の3倍、数十個が生り、近日収穫します。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:芒種から夏至まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養:「芒種から夏至まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 畑では、この時期に旬となるタマネギが軸折れして収穫が始まり、前後してニンニクの収穫もします。
 一昨年から栽培に取り組んでいるチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)ですが、種蒔きが遅れ、今、やっと食べられるようになりました。うちでは生食ではなく、おひたしや味噌和えが定番になります。
 そして、夏野菜の一番手であるキュウリの収穫がまもなく始まり、ついで紫ナスがポツポツ採れ始めます。これらは体にこもった熱を取ってくれますから、生食中心とします。トマトはもう少し後になりそうです。
 なお、フキは、昨年から栽培場所を変更したため、育ちが悪く、まだ1回収穫しただけで、間もなくして少々収穫可能といった状態です。夏は苦味を欲すると申しますから、食べ頃になったらいただくこととします。
 時期外れですが、夏大根の収穫がまもなく始まります。夏キャベツは遅れており、もう少し後になりそうです。
 さて、果物ですが、だいぶ成長したビワの木に今年は随分と実を付け、夏至前に数十個収穫できそうです。なお、桑の実が熟しだしたものの、昔懐かしい味がするだけで、たいしてうまくなく、ほんの少々摘まみ食いするだけです。

<2018年>
 畑では、この時期に旬となるタマネギが軸折れして収穫が始まり、前後してニンニクの収穫もします。
 一昨年から栽培に取り組んでいるチマサンチュ(韓国では焼き肉にこれを巻いて食べることで有名)が食べられるようになりました。うちでは生食ではなく、おひたしや味噌和えが定番になります。
 そして、夏野菜の一番手であるキュウリの収穫がまもなく始まり、ついで紫ナスがポツポツ採れはじめます。これらは体にこもった熱を取ってくれますから、生食中心とします。トマトはもう少し後になりそうです。
 なお、ここ2年間はフキが絶好調でしたが、栽培場所を変更したため、育ちが悪く、間もなくして少々収穫可能といった状態です。夏は苦味を欲すると言いと申しますから、食べ頃になったらいただくこととします。
 時期外れですが、夏大根の収穫がまもなく始まります。夏キャベツはもう少し後になりそうです。
 さて、果物ですが、昨年少々実を付けたビワが今年は夏至前に数十個収穫できそうです。なお、3年前に植えた桑は、その実が昔懐かしい味がするものの、たいしてうまくなく、今冬に大きく伐採して移植したがために、今年は脇芽が芽吹いただけで実を付けません。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:小満から芒種まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:小満から芒種まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 畑では、イチゴがピークとなりました。今年は食べきれないほどに。
 絹さやエンドウがピークを過ぎ、残りはほんのわずかになってしまいました。
 昨年から栽培を始めたソラマメの収穫時期となりましたが、今年は実の付きようが悪く、不作となりそうです。
 フキは、少しばかり生えている金柑の木の際で収穫できましたが、栽培箇所を引っ越した半日陰ではまだ十分な太さに生育しておらず、収穫は当分先になりそうです。
 ニンニクがそろそろ収穫できる状態となりましたが、それに先立ち“とう”摘みしてそれをいただくのが例年のことですが、今年も、らしい“とう”が出ず、少々がっかりです。
 柿の木の際に種蒔きしたチマサンチュは、欠き葉にする株を残して、しばらくしたら選り、おひたしなどにします。
 夏大根の選りを今節の終わりには食すことができましょう。
 しだれ梅の際で栽培しているニラが豊作で、すでに2回収穫しましたが、今節も刈り取っていただくことにします。
 ミツバが大群生し、いつでも薬味に使えます。所々で花が咲きだしましたから、これが秋には芽吹いて晩秋以降に摘むことができ、年中使える状態になりました。

<2018年>
 畑では、イチゴと絹さやエンドウがピークを過ぎましたが、今しばらく毎日いただけそうです。
 今季初めて栽培したソラマメの収穫時期となり、2、3回に分けて収穫することとしています。
 フキは新設した栽培場所の条件が悪く(日当たりが強すぎ)て、半日陰へ引っ越しの過渡期にあり、まだ十分な太さに生育しておらず、収穫は当分先になりそうですし、今年は収穫量も少なくなりそうです。
 ニンニクがそろそろ収穫できる状態となりましたが、それに先立ち“とう”摘みしてそれをいただくのが例年のことですが、今年は品種を変えたせいか、“とう”が出ず、少々がっかりです。
 一昨年から栽培を始めたチマサンチュは、欠き葉にする株を残して、しばらくしたら選り、おひたしなどにします。
 夏大根の第2弾の選りを今節の終わりには食すことができましょう。
 一昨年、しだれ梅の際に移植したニラが豊作で、すでに2回収穫しましたが、今節も刈り取っていただくことにします。
 ミツバが大群生し、いつでも薬味に使えますし、所々で花が咲きだしましたから、これが秋には芽吹き、晩秋以降に摘むことができましょう。
 春キャベツの生育が悪く、今頃になって食べごろとなり、収穫がまだ続いています。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:立夏から小満まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養:立夏から小満まで については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 今、真っ盛りなのが絹さやエンドウです。とても自家消費できませんから、当店の客様などに差し上げています。これもまもなく終わりです。
 冬野菜のコンパニオンプランツとして栽培していた春菊を4月に草刈り機でばっさり刈り取ったのですが、株元から若芽が吹き出し、それがまだ収穫できています。
 最近チマサンチュの栽培を始め、昨秋にこぼれた種が自然発芽し、たった2株だけですが食べ頃となりました。今春の種蒔きが遅れ、まだ小さなものですから、収穫はずっと先になります。夏大根第1弾の選り葉も生育遅れで収穫はずっと先になります。
 夏食にふさわしいフキですが、栽培場所を日当りの少ない所に変えたがため、食べ頃はまだ先ですが、今節気の終わりには一部収獲できましょう。
 香物野菜として、ミツバがありますが、今年は一段と群生しだし、摘んでも摘んでも増えるといった状態です。そして、ニラが豊作で既に1回収獲し、今節気にも刈り取ることができましょう。
 果物は、イチゴが旬となり、今年は遅れましたが、今日から収穫を始めました。
 そして、休耕田のあちこちでセリが随分と大きくなりました。春の七草にあげられ、春が旬のセリですが、セリ飯は風味が良くて美味しいです。すでに1回摘みましたが、まだまだ摘むことができます。

<2018年>
 晩秋の低温で成育が遅れた春キャベツがやっと収穫できるようになりました。また、同様に晩秋の低温でほとんど芽吹かなかった絹さやエンドウは不作ですが、自家消費分は十分に間に合い、穀雨過ぎに初生りし、ピークはまもなく終わりです。
 すこしばかり栽培している夏大根第1弾の選り葉を間もなく収穫します。
 夏食にふさわしいフキですが、栽培場所を日当りの少ない所に変えたがため、食べ頃はまだ先ですが、今節気の終わりには一部収獲でいましょう。
 一昨年移植したニラが豊作で既に1回収獲し、今節気にも刈り取ることができましょう。
 果物は、年によって甘夏が残っていることがありますが、今年は随分前に食べ終えました。これに代わってイチゴが旬となり、今、ピークとなっています。
 他には、栽培種のタラの木とウドがあり、ともに旬は終っていますが、まだ芽吹きつつあり、例年、タラの芽やウドの芽のてんぷらを今節気にも食べたのですが、年を食って油っこいものがだんだん苦手になり、今年はもう食べることはないでしょう。
 タラの木の際には山椒の木があり、若葉を時折摘んで香り付けしていましたが、昨年枯れてしまい、苗木を4月に植えたところです。苗木ですが、フキを炊いたときに少し葉を摘むことができましょう。
 そして、休耕田のあちこちでセリが随分と大きくなりました。春の七草にあげられ、春が旬のセリですが、セリ飯は風味が良くて美味しいです。すでに2回摘みましたが、まだまだ摘むことができます。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:穀雨から立夏まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:穀雨から立夏まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

(2019年)
 絹さやエンドウを今年も1畝(約10m)栽培しており、収獲が始まったところです。
 冬野菜の残り物として春菊が畑にたっぷりあり、脇芽をジャンジャン伸ばしますから、摘んでも摘んでも増えるばかりですが、もう蕾が大きくなり、そのうち花が咲くでしょう。もう終わりです。
 キャベツも相次いでパンクしだし、先日残り数玉を収穫して終わりました。
 香味野菜としては、ミツバが大きくなり、ニラがだいぶ大きくなりました。

(2018年)
 絹さやエンドウを今年も1畝(約10m)栽培しており、3月4月の異常な暖かさで既に3回収獲しました。ただし、種蒔きが少々遅れ、11月の異常低温でほとんどが芽吹かず、3月になってから追加種蒔きしたものですから、今収獲できているのは晩秋に発芽した株だけです。春蒔きは根張りが悪く収獲が少なくなるとのことで、まだ背が低く、収穫は当分先になります。
 冬野菜の残り物として春菊が畑にたっぷりあり、脇芽をジャンジャン伸ばしますから、摘んでも摘んでも増えるばかりですが、もう蕾が大きくなり、そのうち花が咲くでしょう。
 春キャベツの残りもありますが、今年は不作で小さな玉にしかならず、そろそろパンクするでしょうから、もう終わりです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:清明から穀雨まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:清明から穀雨まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 畑では各種の冬野菜が底をついてきて、例年十分に残っているのは冬キャベツぐらいなものですが、今年も昨年同様に玉が大きくならず不作ですし、次々とパンク(はぜる)するようになります。また、例年ならネギやホウレンソウが少し残っていますが、今年はともに不作で収穫が終わっています。小松菜の菜の花も終わりました。唯一、春菊だけがまだ当分収穫できますが、蕾が付き始めています。
 こうして、今の時期は何もかも端境期といった状態ですが、唯一ニラだけがこれから収穫することができますが、そうそう多く食べることはできません。絹さやエンドウが早く実を膨らませないかと期待しているところです。
 果物は甘夏がありますが、今季はもう食べ終わりました。
 うちで入手できる山菜・野草についても紹介させていただきます。
 栽培種ですが、タラの木があり、一斉に芽吹いてきましたが、今年初めてのことですが、随分と枯れてしまい、たいして収穫できそうにありません。そのうち、保存してある大根でたっぷり大根おろしをつくり、タラの芽のてんぷらを時々いただくことにしています。
 少し遅れてウドの芽も吹いてきます。これも毎年てんぷらにしていたのですが、昨年から藁で囲い込んで黒ビニールを被せ、本格的なウド栽培としました。これはおいしいです。
 そして、休耕田のあちこちでセリが少しずつ大きくなりました。春の七草にあげられ、旬のセリです。セリ飯は風味が良くて美味しいです。摘んできていただくことにします。
 また、樹木畑の淵で一人生えのミツバが若葉を広げだし、十分に食べ頃となりました。これも摘んできて、あれこれ料理に添えることにします。今年もものすごく群生しています。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜が底をついてきて、例年十分に残っているのは冬キャベツぐらいなものですが、今年は玉が大きくならず不作ですし、次々とパンク(はぜる)するようになります。また、例年ならネギやホウレンソウが少し残っていますが、今年はネギが残っているだけで、それもネギ坊主が出だしましたから、白根の部分は味か落ちます。小松菜の菜の花も終わりました。唯一、春菊だけがまだ当分収穫できますが、蕾が付き始めています。
 こうして、今の時期は何もかも端境期といった状態ですが、唯一ニラだけがこれから収穫することができますが、そうそう多く食べることはできません。
 果物は甘夏がありますが、今季は不作で、間もなく食べ終わります。
 うちで入手できる山菜・野草についても紹介させていただきます。
 栽培種ですが、タラの木があり、一斉に芽吹いてきましたので、収穫を始めました。保存してある大根でたっぷり大根おろしをつくり、タラの芽のてんぷらを時々いただくことにしています。少し遅れてウドの芽も吹いてきます。これも毎年てんぷらにしていたのですが、今年は藁で囲い込んで黒ビニールを被せ、本格的なウド栽培としました。はたしてうまくいくか?
 そして、休耕田のあちこちでセリが少しずつ大きくなりました。春の七草にあげられ、旬のセリです。セリ飯は風味が良くて美味しいです。摘んできていただくことにします。
 また、樹木畑の淵で一人生えのミツバが若葉を広げだし、十分に食べ頃となりました。これも摘んできて、あれこれ料理に添えることにしましょう。今年はものすごく群生しています。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:春分から清明まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:春分から清明まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 最後に、今回も、うちの自家栽培野菜などの状況をご紹介させていただきます。
 畑では各種の冬野菜が底を突き、残っているのは春菊とキャベツだけとなってしまいました。春菊はこれからグングン伸び、摘んでも摘んでも新芽が吹きますが、キャベツはパンクするものが出てきます。
 今年の2月、3月は暖かいですから、白菜と小松菜の菜の花はもう終わりです。
 今、盛んにブロッコリーの脇芽が成育していますが、これもそろそろ終わりそうです。
 甘夏の木陰で群生しているミツバが広く繁茂しだしました。
 なお、今が旬の甘夏も残すところ数個となりました。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜が底を突きかけました。
 十分に残っているのはネギだけとなってしまいましたが、これも青葉がイキイキとしてきて、白根は硬くなりつつあり、薬味としてしか使えそうにありません。。
 玉を巻かなかったハクサイが菜の花として摘めますが、それも間もなく終わりです。今、盛んにブロッコリーの脇芽が成育していますが、これもそろそろ終わりそうです。今冬成績がいい春菊はこれからグングン伸び、当分の間収穫できそうです。
 遅植えしたキャベツ苗は生育が遅れに遅れ、4月になってもまだだめでしょう。
 これから旬となるミツバが取れ始めました。汁物に使えます。
 なお、今が旬の甘夏は収獲が終わりましたが、乾燥防止と甘味を増すために土に埋めてあり、4月半ばまで毎日1個食べられます。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:啓蟄から春分まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:啓蟄から春分まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなり、まだまだ残っているのは大根、春菊、キャベツぐらいになってしまいました。けっこう残っていたハクサイ、小松菜、カブは、暖冬の影響で盛んに花芽を出しはじめ、菜の花として摘むしかなくなりました。
 他には、既に始めたブロッコリーの脇芽摘み、そして残り少ないネギとニンジンの収穫が細々と続くといったところです。
 年によっては、今頃から山から下りてきた野鳥が大挙して野菜を突つきにくることがあり、昨年はあらかたの野菜に防鳥ネットをかけたのですが、今年は面倒でこれをせず、です。
 果物では、春が旬の甘夏が今年は表作に当たり大豊作で200個も生り、とても自家消費できるものではなく、大半を当店のお客様に差し上げているところです。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなりましたが、小松菜、春菊、ホウレンソウ、カブはまだまだ十分に残っています。ハクサイもたっぷり残っていますが、晩秋の低温で玉を巻かず“緑菜”です。ネギとキャベツが細々、ニンジンは終了、といったところです。これから収獲が期待できるのは、ブロッコリーの脇芽です。
 なお、この2月3月は、山から下りてきた野鳥が大挙して野菜を突つきにくる予感がして、あらかたの野菜に防鳥ネットをかけたところです。
 果物では、春が旬の甘夏が今年は裏作に当たり不作ですが、自家消費分はなんとかまかなえそうです。<主・酸味、従・甘味、添・苦味(薄皮)>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24節気毎の野菜収穫見込み:雨水から啓蟄まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 「24節気の健康と食養:雨水から啓蟄まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 今季の冬野菜は、ネギとハクサイ以外は無肥料栽培です。全般に生育が若干悪かったですが、まずまず成功した無肥料栽培です。
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなりましたが、余裕があるのは、春菊、小松菜、ネギ、キャベツ、大根、カブ、玉を巻いていないハクサイそしてニンジンです。
 ホウレンソウは遅蒔きが生育遅れで大きくならず、鳥に葉っぱを食われつつあり、ほとんど収穫できそうにないです。カリフラワーはすでに終わり、ブロッコリーはもう少し暖かくならないと脇芽の収穫ができそうにありません。
 自家用には、幾種類も何とか毎日食卓にのぼっていますが、この先も大丈夫でしょう。
 なお、これからが旬の甘夏がたわわに実っています。今年は大豊作です。よって、すでに収穫を始めましたが、まだ気持ち酸味が強いです。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。

<2018年>
 畑では各種の冬野菜がだいぶ少なくなり、余裕があるのは、春菊、小松菜、ネギ、キャベツ、カブそして玉を巻いていないハクサイぐらいのものです。
 例年、かなり余る大根は11月以降の冷え込みで大きくならないものが多く、残っているのはニンジン並の大きさ。ホウレンソウは間もなく終わりそうですし、カリフラワー、ニンジンはすでに終わり、ブロッコリーはもう少し暖かくならないと脇芽の収穫ができそうにありません。
 自家用には、幾種類も何とか毎日食卓にのぼっていますが、この先少々心配です。
 なお、今冬の冷え込みと山での降雪により、野鳥が例年より野に下りてくることが多いようで、6日前に可能なかぎり冬野菜に防鳥ネットを掛けることとしました。

 果物についても紹介しておきましょう。これからが旬の甘夏がたわわに実っています。そろそろ収穫して良さそうです。<主・酸味、従・甘味、添・苦味>この三味の組み合わせになっている甘夏です。皆さんも食後のフルーツにどうぞお召し上がりください。 
 注文しておいた「わけありリンゴ」をまもなく食べ終わりますので、そろそろ甘夏をいただくこととします。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - 24節気毎の野菜収穫見込み ブログトップ