SSブログ

6.6 今日が梅雨入りの平年日だが当面雨は望めそうにない。有り難いやら困ったやら。 [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 6月1日と2日に野菜苗を幾種類か定植した。5月の終わりに大雨があって、畑は十分に湿っており、苗の植え付けに最適であった。が、しかし、その後は晴天続きで、先行きも当面雨は望めそうにない。これでは、まだ根張りが不十分な野菜苗はピンチ。そこで、3日にジョウロで水やり。
 それから3日経った今日、週間予報を見てみると、Yahoo天気では9日と10日は若干の雨模様とあるが、岐阜気象台も日本気象協会も雨は降らない予報になっている。その先は当面雨なしだ。こうなると、定植した野菜苗に水やりしてやらねばならぬ。
 そこで、今朝、須賀前の畑に行って水やりしてきた。2日に植えたまだまだ小さなトウモロコシ、1日に植えた白ナスとオクラ、ついでにゴールデンウイークに定植したが、成長が遅いピーマン。そして、自宅前の畑のキュウリ第2弾とメロン。
 あとは、9日と10日に雨が降ってくれればいいが、降らなければ再々度水やりだ。
 ところで、9日~10日は遠方に済んでいる妹2人が帰省し、法事を勤め、墓参りしたり、若干の観光をすることにしているから、雨が降っては困る。
 Tenki.jpによると「9日(日)から10日(月)にかけては、西から前線や低気圧が通過し、広い範囲で雨が降るでしょう。9日(日)頃は⻄⽇本では前線の活動が活発となるため、⼤⾬となる恐れがあります。」とあるが、当地岐阜は無関係なようで、「10日(月)午前中は、東海から関東甲信の沿岸部を中心に局地的に雨が強まりそうです。」とあるも、少々内陸部の岐阜では心配なさそうだ。
 これで、9日~10日はなんとかなろうというものだ。
 その先は、また前線が南下し、日本気象協会の2週間予報は19日まで出ているが、18日と19日に時々雨とある。今年は、早くてこの日以降の梅雨入りとなろう。例年に比べ、随分と遅れての梅雨入りだ。ジメジメしなくて済み、有り難いことである。もっとも、畑へときおり行って野菜に水やりせねばならぬが、雑草の生え方は鈍るし、草叩きも容易にできるから、雨なしのほうがいい。
 お天道様に感謝、感謝、感謝。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、もう一つの別立てブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。