SSブログ

5.25 野菜が良く育つ第一条件はやはり風通しがいいことじゃなかろうか [ファーマーの“一日一楽”日記]

別立てブログ「薬屋のおやじの“一日一楽”&“2日前”の日記」で投稿した記事で、ファーマーに関するものは、このブログで再掲することにします。

<一日一楽日記>(落ち込みから脱却・幸せ膨らむ ※1
 うちの畑は自宅前と須賀前の2か所にある。自宅前は3方向に建物や大きな樹木があって、南の方向が開いているだけであり、まず南風は吹かないから風通しが悪い。一方、須賀前の畑は南の方の東3分の1ほどが民家と隣接しているだけで、風通しはめっぽういい。
 自宅前で栽培していたナス、オクラ、ピーマンを須賀前に畑に移したら、ナスは病害虫の被害が減ったし、生りもいい。オクラ、ピーマンは生りが良くなった。
 自宅前で昨年まで栽培していた夏キャベツと夏大根は、病害虫の被害がひどく、無収穫のことがあったし、小さなものしか収穫できないことが多かった。今年から、この2つを須賀前に移し、栽培を始めた。そうしたら、虫食いはほどんどなく、すくすくと生育している。
 そして、今日、3品種を少しずつ栽培している夏キャベツのうち早生品種の1玉がまずますの大きさとなり、初収穫。虫食いはなさそう。ただし、まだ小さな玉だが1個はけっこう虫食いがあり、どんどん虫食いが進みそうだから、これも収穫。
 夏大根のほうは、これも順調に生育中で、まだ小さいが2本収穫。葉っぱの虫食いもなく、葉食も可能だ。
 こうして、夏キャベツと夏大根ともに今年は非常に調子いい。これは、やはり須賀前の畑はとても風通しがいいからではなかろうか。

※1 2012.9.2別立てブログ記事で書きましたが、毎日何か楽しい出来事が少なくとも1つはあったはずであり、それを書き綴っていけば落ち込みから脱却できるとのことで、小生も“一日一楽”日記を付け始めました。
 また、もう一つの別立てブログの2015.3.3の記事で紹介しました、ひすいこたろう著「ものの見方検定」に書かれている「小さな幸せに気づくレッスン」で次のように述べられています。
 「わたしは今日幸せでした。なぜならば…」、これの続きを3つ考えてから寝てください。寝る前に幸せを味わって眠ると、不思議と、朝起きたときの表情が違うんです。これも続けるとよくわかるのでぜひお試しくださいね。
 小生も早速これを始め、うち1つを記事にしたところです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。