So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:小雪から大雪まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「小雪から大雪まで
については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況などについて書くこととします。

<2019年>
 秋冬ニンジンの収穫が続いています。今年も無肥料ながらまずまず豊作です。
 今年のビタミン大根は最高に順調で11月初めから収穫でき、そのとき細かったものも随分と太くなりました。
 ブロッコリー第1弾は花蕾を摘み終わり、脇芽待ち。第2弾は当分先。
 去年は悪かったキャベツがそろそろ収穫できそうです。
 昨年同様に、春菊とカブは、もう収穫を始めました。
 小松菜は遅れています。
 ホウレンソウは虫食いが激しく、大半が虫に食われ、ほとんど収穫できません。
 例年どおり、間もなく、大根、カリフラワーの収穫が始まりましょう。
 白菜は、順調そうですが、まだ玉は巻いてないです。
 当地特産の「徳田ねぎ」は9月の長雨で根腐れしたようで、昨年以上に不作です。
 薬味として使うショウガ、三つ葉の収穫が続いています。
 大量作付けしているヤーコン芋も成長が止まり、掘り出す時期となりますが、大半をシート掛けして防寒し、春先までかけて順次1畝ずつ掘り出すことにしています。ここ3年、無肥料ですから生育は悪く、収穫量はいまいちでしょう。
 数本成育してくれたキクイモが全部枯れましたから、もう収穫できます。
 果物は、みかん類を2品種栽培しています。普通のみかんは今節から収穫できるようになります。今年は裏年であまり生っておらず不作です。また、オレンジがかかった晩生のみかんは、昨年はそこそこ生ってくれましたが、今年も同様です。その収穫はずっと後になります。
 柿は今年は豊作で、まだまだ生っており、これを当分の間、毎日食べねばならず、みかんを口にするのはずっと先になります。 

<2018年>
 秋冬ニンジンの収穫が続いています。今年は大豊作です。去年は豊作で今頃には収穫が始まっていたキャベツは、今年は随分と遅れています。
 今年収穫が早まったのが、小松菜、ホウレンソウ、春菊、カブで、もう収穫を始めました。
 例年どおり、間もなく、大根、ブロッコリー、カリフラワーの収穫が始まりましょう。この中で変り種が「ビタミン大根」です。中まで緑色で、大根おろしにすると、とてもいい香がして美味しいです。大量作付けして、当店のお客様に差し上げることにしています。
 白菜は、初期に虫食いが激しく、出遅れています。
 薬味として使うショウガ、三つ葉の収穫が続いています。
 里芋は先日、全部を掘り出し、これから食べることにします。
 大量作付けしているヤーコン芋も成長が止まり、掘り出す時期となりますが、大半をシート掛けして防寒し、春先までかけて順次1畝ずつ掘り出すことにしています。ただし、今年は夏の猛暑でダメージが大きく、収穫は例年の半分にもならないでしょう。
 果物は、みかん類を2品種栽培しています。普通のみかんは今節から収穫できるようになります。去年は裏年でしたから今年は表年で大豊作です。なお、オレンジがかかった晩生のみかんは、昨年は枯れかけて弱々しく、全く実を付けませんでしたが、今年はそこそこ生ってくれており、ほっとしています。これの収穫はずっと後になります。
 柿がまだまだ生っており、これを当分の間、毎日食べねばならず、みかんを口にするのは当分先になります。 
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。