So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:秋分から寒露まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「秋分から寒露まで」については、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況を掲載することとします。

<2019年>
 無肥料栽培のせいか夏野菜の生育は多くが遅れがちです。
 白ナスは無肥料・連作がため不作ですが、大幅に遅れて実が少しは生りだし、ちょうど峠が過ぎたところですが、まだ続きそうです。
 紫ナスも無肥料・連作がため不作ですが、大幅に遅れては実が少しは生りだし、ちょうど今がピークといったところです。
 ピーマンも無肥料・連作がため、成育は大幅に遅れましたが、ここへ来てけっこう生育しだし、実が順調に採れだしました。
 オクラは順調でしたが、ピークは過ぎた感がします。
 薬味となるミョウガ、青シソ、三つ葉そしてニラがいつでも収穫可能です。
 8月下旬に種蒔きしたビタミン大根の選り葉が順次収穫できるようになりました。今年は珍しくほとんど虫食いがなく、大量の選り葉が採れそうです。続いて9月10日に種蒔きした普通の大根の選り葉が採れだします。
 普通の品種のイチジクは若木ですが、ポツポツ熟し、あと少しは採れるでしょう。

<2018年>
 夏野菜は、もうほとんどが終わり、残すは白ナスとピーマンだけです。
 白ナスは寒露の頃まで収穫が続きそうです。
 ピーマンはとても足が長く、夏秋野菜と言え、11月半ばまで収穫が続きます。
 薬味となるミョウガ、青シソ、三つ葉はいつでも収獲可能ですし、ニラもまだ採れます。
 これから旬となる秋冬ニンジンの収穫が間もなく始まります。
 9月に種蒔きした大根の選り葉が順次収穫できるようになります。
 果物では今年はイチジク(ダルマティー)1本だけですが、鳥に全部突かれてしまい、無収穫となり、残念です。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。