So-net無料ブログ作成

24節気毎の野菜収穫見込み:処暑から白露まで [24節気毎の野菜収穫見込み]

 24節気の健康と食養「処暑から白露」までについては、別立てブログ「薬屋の…」で投稿しました。興味のある方は、クリックしてご覧いただくとして、このブログでは、うちの今現在の野菜や果物の収穫状況など、部分的に再掲することします。

<2019年>
 今年は無肥料栽培2年目ということもあって、全般にチョウ不作です。
 キュウリは不作ながらもまずまず採れていたものの第2弾がもう終わり、第3弾は育ちが極めて悪く、収穫の見込みは全く立っていません。
 紫ナス、白ナスともに極めて成育が悪く、自家消費にも事欠くほどですが、細々と続いています。
 トマトも極めて成育が悪く、自家消費にも事欠くほどで、もう終わりです。
 ピーマンも極めて成育が悪く、これから少しは生ってくれないかと期待しています。
 十六豆(十六ササゲ)第2弾は普通作でしたが、いったん終わってしまい、今、小休止していますが、復活するのを期待しています。
 オクラは背が低いですが、順調で、例年並みに収穫できています。
 ゴーヤは土壌改良したにもかかわらず、昨年より不出来で、いまだ無収穫です。
 カボチャは昨年並みに不作で、間もなく全部を収穫します。
 トウモロコシも不作ですが、第4弾が間もなく収穫できます。
 枝豆は好調で、間もなく第3弾を収穫することになります。
 夏大根は第2弾が好調で、間もなく収穫終了。第3弾は生育不良です。
 夏キャベツは生育不良でまだ半分しか小さな玉しか巻いておらず、不作です。
 夏ニンジンは不作ですが、昨年よりは良く、間もなく全部収穫します。
 薬味として、大きく生長した青シソがあり、ミョウガが取れ続け、好調です。
 果物はイチジクがあり、やっと樹体が完成した「ダルマティー」の収穫が始まりました。

<2018年>
 夏野菜も、この時期になると多くが終盤となり、終ったものも多いです。
 キュウリは足が短いですが第1弾が思いのほか長く収穫できたものの、もう終わりました。期待していた第2弾は初めて栽培した品種で、初生りは苦味がきつくて食べられず、よって放置し、先日処分しました。最後の望みの第3弾は樹勢は立派なものですが、実がなかなかつかず、いつになったら収穫できましょうや、といった状態。
 普通の紫ナスはカラカラ天気がために水不足で生育が止まり、生った実もなかなか大きくならず、カチンカチンになり、ずっと収穫できませんでしたが、これから秋ナスとしてどれだけか収穫できるでしょう。うちのメインは白ナスで、紫ナス同様な傾向が少々あるも、何とか収穫できており、23日以降の台風の雨で実の膨らみが加速することを期待しています。
 ピーマンは順調に成育し、これから収穫がピークとなります。
 十六豆(十六ササゲ)は第1弾が復活し多収穫できていますし、小休止の第2弾もこれから復活することでしょう。
 猛暑にもかかわらずオクラは順調で、ゴーヤも何とか収穫できています。
 枝豆は第1、2弾の収穫が終わり、間もなく第3弾を収穫することになります。
 カボチャは不作で、収穫済みですが、保存食糧として備蓄しています。
 薬味として、大きく生長した青シソがありますし、ミョウガが取れ続けています。
 夏ニンジンは不作でしたが、まだ半分残っています。夏大根は第1弾が腐りはじめ、第2弾、第3弾ともに異常な猛暑がために全滅しました。
 夏キャベツは第1弾が終わり、第2弾、第3弾はずっと先になりそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。