So-net無料ブログ作成

十六豆(十六ササゲ)の作付け計画&無肥料栽培 [十六豆]

 十六豆(十六ササゲ)、この生産が盛んなのは当地岐阜だけのようで、一般的ではないが、けっこううまい。茹でて、おひたしにしたり、味噌和えにしたり、あるいは、卵とじにしたり、毎日食べても飽きない。
 この十六豆、大阪の妹の旦那が滅法うまがり、“こんな美味しい物が大阪にないのは何でや?!”と、こぼしている。でも、家庭菜園大百科(家の光協会)に栽培法が紹介されているところを見ると、さほどローカルなものではなさそうで、当店にいらっしゃったお客様は、前に東海市に住んでいたとき家庭菜園で育てていたとおっしゃったから、愛知県辺りでもけっこう栽培されているかもしれない。
 いんげん豆を長くした、30センチくらいの、とても細長い豆で、種を自家採取し続けている固定種であるから、環境や土壌に完全に適応しており、安定した収穫が見込める。
 ただし、いったん終わったようでも復活することがあり、そうした年(2年に1回程度か)は思わぬ高収穫となり、収穫が長く続く。
 なお、種取については別記事で記録する。
  十六豆(十六ササゲ)2種類の種取り
 うちで栽培している十六豆は2品種あり、種が真っ黒のものと白(ごく薄い黄色)のもので、特徴は次のとおり。
  ・黒種より白種の方が数センチは長くなる。
  ・黒種の方は先が少し赤くなる。
  ・黒種は綺麗な鞘だが、白種は気持ちシワが寄った鞘になる。
  ・昔は黒種しかなく、白種は最近になってから。
  ・味は変わらない。
  ・栽培のしやすさ、収穫本数など、変わりはない。
 ここら辺りでは白種が一般的のようだが、うちではこだわりの2品種栽培である。調理するときの両者の違いであるが、女房に聞いてみたら、ゆでた十六豆を切るとき、ちょうど種の部分に当たった場合に種が白いのと黒いのとがあるし、黒い種のものはサヤが透けて黒味が見えることがあり、見た目が悪いと感ずることがあると言っていた。
 こうなると、黒種は分が悪くて、近所の方はだれも栽培してみえないだろう。消えて行く種かもしれない。となれば、この種を守ってやりたい気分になる。小生が生きている限り。
 足の長さはキュウリと変わらず、毎年2、3回に分けて時差収穫している。過去には3回に分けて時差種蒔きしたことがあるが、面倒だから近年は2回としている。まれに、もう終わったかと思いきや、復活して再びかなりの量が生る年もある。
 今まで種蒔き方法、種蒔き時期、作付け回数をあれこれ変えてきたが、2014年に、まずまずうまくいけそうな方法にたどり着いたから、2回の時差蒔き(ポット苗)することにしている。種が2種類あるから、第1弾は黒い種を使い、第2弾は白い種を使うことにしている。

 ところで、2017年冬野菜までは慣行農法により有機肥料栽培していたが、後作の夏野菜から自然農法「たんじゅん農」を導入し、無肥料・連作栽培に挑戦することにした。
 夏野菜用の畝作りに当たり、畑起こしのときに刻み藁や野菜の残骸、枯草を入れてすき込んだり、畝下に藁を敷き込んだりしてある。
 藁は炭素素材として使用したものであり、冬野菜用の残留肥料があるだろうから、今年は無肥料でも十分に生育するのではなかろうか。
 なお、従前の有機肥料栽培については「十六豆(十六ササゲ)の作付け計画&有機肥料栽培」で記事を残す。

<2019年>栽培計画
      種蒔き   初収穫見込み  ピーク予想     最終収穫
(南西区画:約7mの畝)<昨年の逆で黒種> 
第1弾 4月15日頃   7月上旬 7月10日~7月末   9月上旬
 実績:4月14日    7月5日  月 ー日~ ー日 8月2日<チョウ不作>
                復活:なし
(北東区画:約5mの畝)<昨年の逆で白種>
第2弾 6月15日頃   8月上旬 8月10日~25日   9月末
 実績:6月15日    8月1日 8月 2日~15日
              復活:8月27日~9月14日  9月16日

<第1弾(黒種)の栽培>
(4月14日:種蒔き<黒種>:種は大量に余った)
 1トレイに28ポット(小)がゆったりと入るから28ポット作り、1ポットに5粒ずつ(昨年は4粒)種を埋め込み、納屋横の育苗スペースに置く。鳥に突かれないよう網カゴを被せる。雨が降り出したから散水せず。
(4月27日)
 早々に発芽し、昨年の発芽率は3、4割であったが、一昨年同様に発芽率は6、7割とまずまずの成績。
 例年、もう少し後の時期に定植するが、畑が湿っており、定植した。4、5本発芽のポットも選らずにそのまま植えた。
 昨年種取りした白種が少ないので、白種は短い畝(北東区画)とし、黒種は南西区画と、昨年までの逆位置に作付けした。
(5月13日)
 本日、支柱立て。支柱は、太長と細長を交互に株間に差す。結わい付けは、昨年まではビニール紐3段であったが、今年は麻紐で2段。
(6月16日)
 1か月経ったがなかなか成長しない。無肥料連作の影響か、昨年より悪い感がする。やっと2、3株がツルを伸ばし始めた。
 雑草に負けそうなので、畝全体の草を鎌でざっと刈り、株周りを覆っておいた。
(6月17日)
 畝の両面を草刈り機(紐タイプ)で丁寧に草刈り。
(7月5日)
 樹勢はまずますで(昨年のようにはならない)、時期的に昨年と同様の初生り。太くなり過ぎたもの数本あり、これは種取り用に。10数本初収穫できた。
(7月8日)
 2回目の収穫。前回の倍ほど。草刈機で畝の法面をざっと草刈り。 
 生育はイマイチであるから、成育促進には万田酵素がどれだけか期待できそうで、1000倍散を噴霧しておいた。
(7月13日)
 ここのところ隔日収穫しているも、昨年はこの頃からピークになって食べきれなかったが、今年はチョロチョロ。樹勢も弱い。北端がまあまあの樹勢で生りも良く、ここは種取り用にし、収穫を見合わせた。
(7月18日)
 毎日収穫するも半握りもない。ツルが20cmに満たない低いものは、裏生りのくずっぽいものしか生ってない。
(7月24日)
 毎日のように収穫するも半握りもない。自家消費にも事欠く状態である。この先は、もっと収穫量が減るだろう。評価★☆☆☆☆
(7月30日)
 今日数本で、ここ一両日で収穫終了となろう。幸い第2弾とうまくつながった。
(8月2日)
 今日は3本で終わりを告げ、残しておいた若干の種も取り入れた。
(8月19日)
 昨日、垣根を壊し、今日、畝及び畝間を草刈機で草刈り。

<第2弾(白種)の栽培>
(6月15日:種蒔き<白種>)
 昨年種取りした種は、虫食いなどで質が非常に悪い。一昨年に収穫した種のほうがまだましであり、これを20ポット(小)に5粒ずつ種を埋め込む。もう1年、2年前の残り種は質がいいから、これでもって15ポット(小)に5粒ずつ種を埋め込む。苗トレイにびっしり35ポットを作り、軽く散水し、納屋の軒先に置く。今日は丸1日雨だからそうした。
 はたして古い種で発芽するだろうか。
(6月21日)
 5日目の昨日、きれいに発芽。ただし、一昨年の種のポットより、もう1年、2年前の質の良い残り種のポットのほうが良い発芽が見られた。
 定植予定の畝をテンワで草叩き。
(6月22日)
 定植畝をスコップで幅広く畑起こしもどきを行う。これで、土がけっこうほぐれる。
 テンワで畝の法尻をかき上げ、かまぼこ型に整える。
 ポット苗は、1日で随分と伸びるもの。今日、定植。発芽のいいもの18ポットを30cm弱の間隔で植え付け。
 長太の支柱を立てて、麻紐で3段(第1弾は2段)に結わい付け。
(7月29日)
 勢いよく生育している。少々少なめだが花も咲き、一部は実が付きかけてきた。
 念のため、万田酵素噴霧(600倍散)
(8月2日)
 昨日初収穫数本、今日から本格的な収穫が始まった。調子はいい。
 西端2株の下半分にネット掛けし、種取り用に残す。
(8月19日)
 ずっと高収穫を続けてきたが、16日は2本だけで、その後は細々と続いているだけ。今日でそれもストップする。樹体は元気だから復活を期待しよう。評価★★★★☆
 北法面を草刈機でざっと草刈り。
(8月27日)
 樹体は元気いっぱいで、花もけっこう付いており、生りが復活した。今日から数本採れだし、明日からは増えていこう。
(8月30日)
 今日から10本ほどの収穫となり、今後はもっと増えよう。サヤの成長スピードは当初に比べると鈍い。そして、太くなる前に枯れる実も幾つかる。復活生りはいつもこうしたものだが、味は変わらない。
 当初には全くなかったが、復活生りには少々虫食いが始まった。
(9月4日)
 今日からバカ採れ。うれしい悲鳴。
(9月17日)
 バカ採れも数日前に終わり、昨日、細いものまで採り、収穫終了。
 今日、畝の草叩き・法尻の削り上げをし、垣根を壊す。
(9月24日)
 畝の両サイドを鍬で溝立てし、枯れたツルや雑草を畝の両サイドに埋め込み。

<2018年>栽培計画
      種蒔き    初収穫見込み  ピーク予想    最終収穫
(北東区画:約5mの畝)
第1弾 4月15日頃   7月上旬  7月10日~7月末   9月上旬
 実績:4月15日    7月5日  7月11日~17日
                復活:8月 5日~10日
               再復活:8月23日~30日  9月9日
(南西区画:約7mの畝)
第2弾 6月15日頃   8月上旬  8月10日~25日  9月末
 実績:6月15日    8月1日  8月 5日~ 8日
                復活:8月23日~30日  9月7日

<第1弾(黒種)の栽培>
(4月15日:種蒔き<黒種>:種は大量に余った)
 1トレイに28ポット(小)がゆったりと入るから28ポット作り、1ポットに4粒ずつ種を埋め込み、マンホールの上に置く。鳥に突かれないよう網カゴを被せる。軽く散水。
(4月26日)
 数日前には発芽したが、今日現在、だいぶ伸びて発芽率は3、4割といったところ。昨年同日の種蒔きの発芽率は6、7割であったから、随分と成績が悪い。これ以上の発芽は見込めなさそう。そこで、全然芽吹いていないポットに5粒、1粒発芽に4粒、2粒発芽に2粒あて、種を押し込み。3粒発芽のポットはそのまま。なお、4粒発芽はなし。
 昨年と冷え込み具合は変わらないと思えるが、今年の発芽率の低下は、同日に種蒔きした枝豆も同様であり、来年は保温措置をしたほうがいいかも。
(5月6日)
 十分な大きさに生育しており、本日、定植。4月26日に埋め込んだ種は全然発芽しなかった。これはどういうことだろう。不可解である。
 栽培畝は北東区画で、畝が短いから、ちょうど程よく植え付けられたから、問題はない。
 前作はホウレンソウで、収穫しなかったホウレンソウの残骸(青いまま)と刻み藁をすき込んである。今年は肥料を入れず、残留肥料での栽培となる。
(5月13日)
 支柱(長)を立てる。結わい付けは後日。
(6月3日)
 立ててある支柱の間に細い支柱を立て、結わい付け。ビニール紐を3段張る。
(6月9日)
 なかなか成長しなかったが、ここへ来てグーンと伸びだした。
(6月10日)
 雑草が多いので、畝を削り上げ。
(7月1日)
 樹勢はものすごいものがある。葉も青々しており、今年から無肥料栽培だが、残留肥料がかなりあると思われる。
 太くなり過ぎたもの1本あり、これは種取り用に。2本初収穫。
(7月5日)
 太くなり過ぎたもの2本あり、これは種取り用に。10数本収穫。
(7月8日)
 昨日から毎日1束の収穫が続くようになった。
(7月11日)
 種取り用に残したものは鳥に突かれ、全部ちぎり取って処分。昨日、種取り用にネット掛けした。毎日1、2束の収穫が続いており、食べきれないから明日には大阪の妹へ送ろう。
(7月18日)
 その後、毎日2、3握りの収穫で絶好調なるも、今日からは1握り。
(7月20、21日)
 梅雨が明けて10日以上経ち、ここ数日の猛暑で、土がからからに乾いており、ホースを伸ばして水やり。
(7月30日)
 ずっと1握りが続いていたが、昨日から半握り。第2弾が3筋初収穫でき、うまくつながった。
(8月1日)
 くずが数本の収穫。樹勢は十分あり、一休みといったところか。復活が期待できよう。
(8月2、5日)
 もう復活。軽く1握りの収穫。5日には2握りとなり、完全復活。
(8月17日)
 完全復活も数日で生りが悪くなり、数日前から半握り程度に。
(8月23日)
 3日ほど前から再び生りが良くなり、今日からかなりの収穫となるであろう。
(8月31日)
 バカ採れが続いたが、今日は大きめの1束に落ち着いた。裏生りが目立つようになり、もうおしまいだ。今年はコゴメがほとんど付かず、残留肥料だけでの栽培であるが、樹勢は例年並みに良かった。評価★★★★★
(9月4日)
 強烈な台風が襲い、東西畝につき垣根が傾いて物干竿にもたれかかる。
(9月6日)
 ここ2、3日は半束以下であったが、今日はゼロ。
(9月9日)
 垣根を壊し、草引き

<第2弾(白種)の栽培>
(6月15日)
 今日、1トレイいっぱいに35個のポットに種蒔き。1ポットに種4個ずつ。種はほんの少々余っただけ。
 昨年、ネキリムシの大被害に遭った場所での作付けにつき、28ポットから35ポットへと苗を増やしたところである。これで、追加種蒔き不要であろう。
(6月24日)
 ポット苗が十分大きくなり、南区画の所定の畝に植え付け。発芽率は8、9割。1畝にびっしり植わった。これで、多少ネキリムシにやられても、たいした歯抜けにはならない。
 太長の支柱を適当な間隔で差し、18本立った。間に細長の支柱を軽く差し、3段に結わい付け。
(7月21、22日)
 今年から無肥料だが、残留肥料があるようで、順調に生育中。梅雨明けして10日以上経ち、猛暑もあって土がからからに乾いてきた。そこで、ホースを延長してたっぷり水やり。
(7月30日)
 今日、3筋初収穫でき、第1弾とうまくつながった。
(8月1日)
 軽く1握りの収穫。明日から順次増えよう。ちぎり忘れが3本ほどあり、そのままにしておいたが鳥に突かれなければ種取り用になる。
(8月5日)
 大きな2握りの収穫。これからずっとこの調子だろう。
(8月9日)
 1握りに落ちる。
(8月11日)
 念のため、たっぷり水やり。
(8月17日) 
 数日前から10本弱に落ち、ここ2日は数本。
(8月23日)
 3日ほど前から少し生りが良くなり、今日から急にかなりの収穫となってきた。
(8月31日)
 バカ採れが続いたが、今日は大きめの1束に落ち着いた。
(9月4日)
 強烈な台風に襲われたが、南北畝につき、垣根は傾かず。
(9月6日)
 ここ2、3日は半束以下であったが、今日はゼロ。評価★★★★☆
(9月9日)
 垣根壊し
(10月14日)
 紐タイプ草刈り機で繁茂した雑草を刈り取った。
(10月28日)
 枯れた雑草を畝間に退け、スコップで畑起こしもどき。10cmピッチでスコップを刺し、畝間も一部同様に。
(10月29日)
 昨日草刈りをした休耕田の草を一輪車で運び、雑草抑えに畝全体を覆う。 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0